目元のお悩みを目頭切開で解決

「目と目が離れて見える」「切れ長の目にしたい」「末広型の二重を平行型にしたい」などといったお悩みに応えるのが、「目頭切開」術。目頭から上まぶたまでの間に存在する「蒙古ひだ」と呼ばれる皮膚をわずかに切開し、目を広げるように縫いとめることで、隠れていた白目や涙丘(ピンクの部分)を出す施術です。

両方の目が少しずつ中央に寄ったような形になることで、「目の横幅」が広がり、目元がひと回り大きくなります。また、二重も目頭から目尻まではっきりと、均一に見えるようになります。

切開がごくわずかなため、腫れにくく、痛みも少なく受けられる点が大きな特徴ですが、切りすぎや縫合の不具合によって仕上がりが不自然になってしまうことも…。数ミリ単位での手術だからこそ、ドクター選びは慎重に行ないたいですよね。

目頭切開の名医がいる
クリニック3選

美容整形外科ではクリニックごとに得意とする施術が異なるため、受けたい部位や施術の種類によって、その施術を得意とする医師にお願いすることが、後悔しない美容整形への近道。ここでは、目頭切開手術を得意とする医師を紹介します。

img
永久晶浩医師目白ポセンシア
永久院長@目白ポセンシアクリニックの画像
【引用元】
目白ポセンシアクリニック公式HP
http://www.possenssia.com/profile/

腫れと痛みが少なく自然な目元になれる技術力と、真摯なカウンセリング。

公式サイトを見る
img
福田慶三医師ヴェリテクリニック
福田院長@ヴェリテクリニックの画像
【引用元】
ヴェリテクリニック公式HP
https://www.veriteclinic.or.jp/doctor/fukuta

芸能人受けのする派手系美人顔になる、整ったバランスの施術が人気。

公式サイトを見る
img
武藤英生医師札幌中央形成外科
武藤院長@札幌中央形成外科の画像
【引用元】
札幌中央形成外科 公式HP
http://www.chuokeisei.or.jp/dr.html

ひとり一人に持てる知識とすべての技術を注ぎ込む、丁寧な診療方針

公式サイトを見る

目頭切開の名医の詳細をチェック!

理想的な目元を手に入れるなら、目頭切開の名医にお願いしたいもの。ここでは、目頭施術で有名な3人の医師を紹介。名医と呼ばれる理由に迫ります!

永久晶浩 医師 目白ポセンシアクリニック院長

永久医師の画像

ナチュラルに綺麗な目元になれる!痛みや腫れが少ない技術力と真摯なカウンセリングが評判

略歴

  • 国立神戸大学医学部卒業
  • 神戸大学付属病院、大手美容外科勤務
  • 大手美容外科東京本院副院長を経て、2002年「目白ポセンシアクリニック」を開院

画像引用元:目白ポセンシアクリニック(http://www.possenssia.com/profile/)

医療へのこだわり

「ひとり一人の施術に時間と手間をかけ、質の高い技術を提供したい」という思いのもと、「パーソナルデザイン法」「公開医療」「交通費支給制度」など、それまでの美容整形業界とは一線を画した新しいコンセプトで「目白ポセンシアクリニック」を開院。心理学に基づいた丁寧なカウンセリングで、1人1人の希望はもちろん、生活背景や性格まで考慮した整形デザインを提案することにこだわっています。患者に合わせたオリジナルの手術法によるナチュラルな美しい仕上がりと、腫れや傷跡が目立たない丁寧な技術力は、たくさんの利用者に高く評価されています。

「目白ポセンシアクリニック」を開業するまで

カウンセリングや手術に時間をかけず、数をこなして売上を伸ばすのが主流だった美容業界のバブル期に、そのやり方に不満を抱いて自分の理想を実現するため独立。「機械的にどんどん手術をこなしていくのではなく、患者様ひとりひとりを大切にしたい」という信念を開院以来10年以上貫き続けています。

患者が手術中に嫌な思いをすると、手術後もその部分を目にする度に無意識に嫌な体験が蘇ってしまう…このような現象を“アンカリング”と言うそうです。特定の五感からの情報をきっかけに、特定の感情などが引き起こされてしまうのだとか。

この現象は嫌な経験だけでなく、大切に扱われたなどプラスの経験でも起こります。そのためカウンセリング・手術中・手術後の体験を通し、患者が手術された部分を見るたびに「自分は愛され、大切にされる存在だ」と思い出せるようエールを送る気持ちで手術しているそうです。

エピソード

目頭切開を実際に受けた20歳の女性のエピソードです。

目白ポセンシアクリニックに決めた理由は、事前にインターネットで情報収集した際に評判が良かったからです。カウンセリングから手術まで手際よく丁寧で、こちらの質問にも全て答えてくれたので安心して手術に臨めました。

目頭切開の経験者の画像や体験談を手術前に見ており、ある程度は傷やつり目のようになる覚悟をしていましたが、実際は出血や腫れがほとんどなく仕上がりも理想通りでビックリ!お化粧して外出するのが今から非常に楽しみです。

また待ち時間に院長先生の著書を読む機会があり、人の真似ばかりではなく自分と向き合い個性をもっと磨いていこうと思えました。先生のおかげで外見だけでなく内面も整えることができ、心から感謝しています。

修正手術の実績

手術中に患者自身がミラーチェックを行うため、どのくらい修正するかを調整することが可能。傷の大きさも最小限です。他院での修正を断られてしまうような傷跡であっても、目白ポセンシアクリニックで修正して大幅に改善できた人も多いそうです。

下記は実際に修正手術を受けられた患者さんの言葉です。

・大手の美容外科で適当に手術された。修正手術後も思い通りの結果にならないのではと不安だったが、実際はかなり思い通りの目になった。(22歳女性)

・他院で安易に目頭切開を受けてしまい、初対面の人にまで不自然さを指摘される始末。永久晶浩先生が真剣に向き合い顔も治してくれ、前向きに生活ができるようになった。(20代男性)

 

目白ポセンシアクリニックの概要

  • 所在地 東京都豊島区目白3-5-12 目白コアビル3階
  • アクセス JR山手線「目白駅」より徒歩2分
  • 営業時間 10:00~19:00(完全予約制)
永久院長(目白ポセンシアクリニック)についてクリニック公式HPを見る!

福田慶三 医師 ヴェリテクリニック銀座院 院長

福田医師の画像

芸能人受けのする「派手系美人顔」が得意

略歴

  • 名古屋大学医学部卒業
  • 米国ミシガン州等の研究所・医院で研修
  • 小牧市民病院形成外科部長
  • 愛知医大形成外科講師
  • 高須クリニック・コムロ美容外科勤務
  • ヴェリテクリニック銀座院 院長 就任

画像引用元:ヴェリテクリニック(https://www.veriteclinic.or.jp/doctor/fukuta)

医療へのこだわり

教科書どおりの手術やデザインではなく、「美しく見えるバランス」を常に追求している福田医師。鼻整形への知識・経験が豊富で、隆鼻術を始め、鼻中隔延長術、鼻翼縮小術などいくつもの技術を使い分けています。また、眼瞼下垂や二重まぶた手術などにも精通。アメリカで長年にわたり技術修得を積み重ねてきたことも影響してか、全体的に西洋人寄りのメリハリのある整形術を得意としているため、患者には芸能人やホステスさんなど、華やかな顔立ちを求めて来る方が多いようです。

美容外科の医師になるまで・「ヴェリテクリニック」を開業するまで

エンジニアをしている兄2人と同じ道に進もうとしていたが医学部を勧められ、手先が器用だったため形成外科を選択。

当初は「手に汗握るような大掛かりな手術をしたい」と考えていたとのことですが、注射の打ち方一つで仕上がりに大きな差が出たり、瞼の1mmに神経を使ったりという手術が楽しくなり美容外科を専門にするようになったそうです。

2001年には、レーザーを使ったあざの治療を得意としていた愛知医科大学の形成外科の講師に就任。新たに美容外科外来を開設され、あざだけでなくシミの治療も本格的に始めました。

しかし大学内では手術室や麻酔科の協力を得るのが難しい状況で美容外科の手術治療がままならず、2004年にヴェリテクリニックを開設。

エピソード

「西洋のお人形のような顔になりたい」とのことで整形手術を受けた、患者さんのエピソードです。

過去に何度も整形をしていますが、思い描く完璧な自分には届かず悩み続ける日々を過ごしていました。福田先生は美容整形業界で有名な方だったので初めて会うときは緊張しましたが、会ってみると非常に気さくで話しやすく、親身に相談に乗ってくれました。

「人間らしさではなく、外国のお人形のようになりたい」という希望に沿って、 頭蓋骨の形に始まり顔全体のデザインまで詳しく丁寧に教えてくれたので安心感がありました。

今は求めていた理想の自分を手に入れられて、見える世界が大きく変化し自信にも繋がっています。美容整形によって新しい自分になれた経験を、ぜひ今悩んでいる人たちにも伝えていきたいです。

修正手術の実績

他院で行った手術の修正を広く受け入れてきたことが、大きな特徴です。患者の願望・理想を現実に昇華し、納得いく結果を得られるようじっくり向き合う、という気持ちを大切にしています。

 

ヴェリテクリニック銀座院の概要

  • 所在地 東京都中央区銀座5-5-7 ニュー銀座ビル6号館3階
  • アクセス JR線「有楽町駅」、地下鉄「銀座駅」より徒歩3分
  • 営業時間 10:00~19:00(完全予約制)
福田院長(ヴェリテクリニック)についてクリニック公式HPを見る!

武藤英生 医師 札幌中央形成外科 院長

武藤医師の画像

持てる知識とすべての技術を注ぎ込む丁寧な診療方針

略歴

  • 東海大学医学部卒業
  • 東海大学医学部付属病院勤務
  • 北海道大学病院勤務
  • 2003年4月、札幌中央形成外科 院長に就任

画像引用元:札幌中央形成外科(http://www.chuokeisei.or.jp/dr.html)

医療へのこだわり

先代の武藤靖夫院長が昭和46年に、世界に先駆けて発表した二重整形の施術が埋没法で、その術式は「武藤式埋没法」と呼ばれています。つまり、目の美容整形では老舗といってよいクリニックです。診療に当たって最重要視しているのは患者との対話。「患者の立場にたった診療方針」「患者によって態度を変えない」「持っているものはすべて使う」「現状に満足しない」「嘘はつかない」「逃げない」という6箇条を掲げ、ワンドクター制で、カウンセリングから施術まで一貫して担当します。

美容外科の医師になるまで・開業するまで

国家資格合格後は脳神経外科医局に籍を置いていたそうですが、5年後に形成外科に転身。この5年間で医療技術や知識だけでなく、患者さんの家族と徹底的に対話することの重要性も学び、札幌中央形成外科の診療基本姿勢を築く基礎となりました。

一方的に医師が説明するだけでは、患者さんの気持ちは汲み取れません。そのため同じ目線で同等の立場でお話しすることを最重要課題としています。患者さんが疑問を聞けずに終わることのないよう、患者さんとたくさん話をして充分に納得した上で施術を行います

札幌中央形成外科で二重まぶたの治療を受ける人の約40%が、他院での治療経験者です。他院のアフターケアの不十分さに対して不満を抱いている患者さんでも、札幌中央形成外科なら万全なアフターケアを行っているので安心です。

エピソード

武藤先生は「美容外科は心を治療しなくてはいけない」という思いからカウンセリングを重視しており、厚く信頼されています。

美容整形業界は医者が訴訟を抱えていることが当たり前のような風潮があるようですが、武藤先生は1件も無いそうです。患者さんに対して誠実に向き合っているのが、何よりの証拠なのではないでしょうか。

世界共通、そして主流の二重まぶた手術法の 「埋没法」は、武藤先生のお父様(初代院長)が開発したそうです。30年以上の歴史ある確実な方法として知られている武藤式ですが、熟練の技術を要する手術でもあります。

 

札幌中央形成外科の概要

  • 所在地 北海道札幌市中央区北1条 西3丁目 MNビル2F
  • アクセス JR「札幌駅」より徒歩15分
  • 営業時間 10:00~18:00(木・日・祝日除く)
武藤院長(札幌中央形成外科)についてクリニック公式HPを見る!
 

目頭切開が得意なクリニック一覧

信頼できるクリニック選びは、「丁寧なカウンセリング」と「仕上がりの美しさ」がカギ!また、ダウンタイムの短さも重要なポイントです。ここでは、目頭切開をはじめとした、「目元の施術」で評判の高い美容整形クリニックを全国から集めました。

目白ポセンシア
目白ポセンシア画像
【引用元】
目白ポセンシアクリニック公式HP
http://www.possenssia.com/

カウンセリングとパーソナルデザイン法による個人にフィットした施術が評判。

詳しく見る
共立美容外科
共立美容外科画像
【引用元】
共立美容外科公式HP
http://www.kyoritsu-biyo.com/

最新技術を常に追求。技術力の高さとスタッフの対応に定評あり。

詳しく見る
ヴェリテクリニック
ヴェリテクリニック画像
【引用元】
ヴェリテクリニック公式HP
http://www.veriteclinic.com/

鼻の施術がとくに有名。はっきりした目元づくりを得意とする。

詳しく見る
高須クリニック
高須クリニック
【引用元】
高須クリニック公式HP
http://www.takasu.co.jp/

絶対にNOと言わない!エキスパート集団による痛みの少ない目頭切開。

詳しく見る
札幌中央形成外科
札幌中央形成外科
【引用元】
札幌中央形成外科公式HP
http://www.chuokeisei.or.jp/

医師の熟練の技!「武藤式」に基づく短時間施術でナチュラルな仕上がり。

詳しく見る
福嶋美容外科クリニック
福嶋美容外科クリニック
【引用元】
福嶋美容外科クリニック公式HP
http://www.fukushima-bc.com/

医学的に「美」を考える、豊富な知識が信頼度高。カウンセリングも重視。

詳しく見る

魅力的な目になる目頭切開の治療法とは

目頭切開とは、目頭を覆う皮膚「蒙古ひだ」を取り除く美容整形術です。メスを入れるのはほんの数ミリですが、目の横幅が広がり、目が大きくなったような印象に変えることができます。さまざまな術式によって目の印象をデザインすることが可能です。

W法(内田法)
目頭にWの形にメスをいれ、余分な皮膚を数ミリ切り取って、縫い合わせる方法です。複雑なWの形に切り縫い合わせることで、細かなデザインが可能で、傷のダメージも小さくする効果があり、大きく切り取って二重の整形をすることもできます。
Z法
目頭にZの形にメスをいれ、余分な皮膚を切り取って、縫い合わせる方法です。W法に比べて皮膚の切除部分が少なく、控えめで自然な印象の仕上がりになります。また、傷跡が残りにくいとされています。
リドレープ法
日本ではマイナーですが、韓国では主流とされている術式で、通常よりも控えめに皮膚を切り取り、縫い合わせる方法です。末広型二重に形成しやすく、傷跡が残りにくいですが、大きな変化を望む人には向かないといわれています。
その他の施術
傷が残りにくく、元に戻りにくい施術として主流のW法・Z法が、皮膚を切り取ってからデザインして縫い合わせるというのに対して、単純切開法や三日月法といった、単純に皮膚を切開する方法があります。
開き過ぎたとき:蒙古ひだ形成
目頭切開の修正方法として用いられるのが、蒙古ひだ形成術です。限られた名医にしか行なうことができない難しい手術とされています。また、目頭切開で皮膚を切りすぎている場合は、完全に戻すことができない場合もあります。

あわせて受けたい施術

その1.目尻切開
まぶたの目尻を切開することによって、白目の出ている部分を増やし、目を外側に向かって大きく見せる手術です。
その2.二重切開
二重のラインを数センチほど切開することで、くっきりとして取れにくい二重のラインを作り出せる術式です。
その3.二重埋没法
二重を作りたい線に沿って髪の毛よりも細い特殊な糸を入れ、数ヵ所を留めます。メスを使わないプチ整形です。

お悩みから逆引き!目の整形で解決ガイド

前回の手術の修正をしたい、離れ目を直したい、目をぱっちりさせたい…。皆さんはどんな理由で目頭切開をしたいとお考えでしょうか。どの方法であればその悩みを解消できるのかをご紹介しています。

手術の
やり直しがしたい

目頭切開に失敗してしまった場合、どんな目の施術が可能なのか、また、どのレベルまで直すことができるのでしょうか。術法から効果、費用、さらに修正に強いクリニックの探し方まで網羅しています。

大きな
パッチリ目にしたい

蒙古ひだが厚く、目が小さいのがお悩みの方へ。アイプチやプチ整形でも大きく見せることができなかったような小さな目の人でも、パッチリと大きな目にすることができる目の施術法を紹介しています。

離れている目を
どうにかしたい

美しく見える顔には、目の幅の黄金比率があります。どんな方法で、どの程度の施術を行えば美しい顔の比率まで目と目の間を近づけることができるのでしょうか。離れ目に悩む方のための施術法とは?

目頭切開とは?知っておきたい基礎知識

目頭切開で後悔しないために、知っておいてほしい基本知識をお伝えしています。費用や痛み、手術、ダウンタイムの期間と経過、さらに、整形がばれる心配や失敗例まで、目頭切開に関する疑問にお応えしていきます。

治療の流れ<美容整形編>

目頭切開を美容整形手術で受ける場合の一般的な流れや注意事項を紹介します。ダウンタイムや入浴、コンタクト装着、メイクはいつからOKなのか?少しでも早く日常生活に戻るためのアドバイスを紹介。

カウンセリングを受ける
最初のカウンセリングの良し悪しが、手術成功への重要なカギ!先生に向けて、自分の希望をしっかりと正確に伝えるために必要なこととは?
手術当日
クリニックに行くまでのこと、手術の流れや施術時間、帰りにメイクはOKなのか、準備するものは?など、手術当日の心構えや準備について説明します。
抜糸の日の注意事項
手術の日から抜糸までの過ごし方(入浴/メイク/コンタクト)はその後の仕上がりにも影響します。腫れを少しでも早く落ち着かせる方法とは?
手術がすべて終わったら
完全に落ち着くまでは、3ヶ月~6ヶ月程度とちょっと長め。でも、もし思っていたイメージと違ったら…?困った時の対処法もお教えします。

口コミチェック!みんなの体験談【目頭切開編】

目頭切開に興味を持っても、クリニックに相談するのはためらいがあるもの。ここでは、私が目頭切開をしたいと思うようになってから、調べたたくさんのブログの中から成功談や失敗談をピックアップしています。

体験談その1
目頭切開と目尻切開をした方のブログ。手術中の痛みについてのリアルなレポートもあり。それなりに順調な経過がつづられています。
体験談その2
目頭切開と二重埋没法をした方のブログ。手術後の痛み、腫れや、痙攣など不安な気持ちが赤裸々に書かれているので参考になります。
体験談その3
蒙古ひだ形成を繰り返す人、治らない傷跡が残ってしまった人など、さまざまな理由で目頭切開を後悔している人の失敗談を集めました。

 

目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!