魅惑の目元を手に入れる!目頭切開の名医ガイド » 目頭切開の得意な名医がいるクリニックを紹介

目頭切開の得意な名医がいるクリニックを紹介

目頭切開の「名医の条件」とは?

このサイト内で紹介している目頭切開の名医と呼ばれている医師たちのこだわりやポリシーを並べてみると、いくつかの共通点が見えてきます。

  • カウンセリングが手厚いこと
  • メリットだけでなくデメリットも提示すること
  • ある程度の一般的な施術に長けていること
  • その上でマニュアル通りではない独自のデザインや技術を持っていること
  • 常に最新の医療や整形技術にアンテナを張っていること
  • 他院からの修正手術・再手術も得意なこと

このように、名医の条件とは「カウンセリング力」と「技術力」にかかってることがわかります。

カウンセリング力

美容整形を受ける側から考えてみても、「自分の希望をじっくり聞いて、それを最高の技術で実現してくれる」医師であれば、信頼し、手術をお任せしたいと思いますよね。

カウンセリングで医師本人がじっくり話を聞いてくれて、理想のイメージを実現させる方法を、さまざまな角度から提案してくれる。目元のお悩みは人それぞれです。そして、当然ながら人それぞれまぶたの厚さ、形、大きさは違っています。

じっくりカウンセリングを行い、お悩みと目元の個性に合わせて施術法を選んでくれる医師こそ名医といえます。その上で、仕上がりのイメージをしっかりと説明し、患者が納得してから施術を行うことになります。

患者の要望が実現不可能なときはには、デメリットやリスクを説明し可能な限りの施術内容とそのイメージを伝えます。その上で納得できない場合は、施術を見送ることもあります。それは、なによりも患者の心身の健康のため、プロとしての見識からの苦しい選択でもあります。

美容外科医のなかには、患者の要望そのままに執刀する医師もいます。それがたとえ無理のある施術だったとしても、です。しかしこのような場合多くの患者は数ヵ月後に不調を訴え再手術を受けることになります。名医と呼ばれる医師にはそれがわかっているため、あえて反対することもあるのです。

技術力

何といっても技術力が高く、仕上がりはもちろん、術後の腫れや痛みも少なくできるよう、ひとつひとつの施術に真摯に向き合ってくれることが名医の条件。

W法・Z法・リドレープ法など一般的な施術は得意で、かつ独自のデザインや技術を扱えるかもHPや医師のブログなどで確認してみましょう。また、目元だけでなく顔全体のバランスから美しくなるようにデザインを話し合える医師が名医といえます。

医師によって目指す“美”の解釈は違います。たとえば、ヴェリテクリニック銀座院の福田医師の場合、西洋で技術を学んでおり、西洋人のようにメリハリのついた華やかな美しさを得意としています。一方、目白ポセンシアクリニックの永久医師は、患者が本来持った個性を輝かせるナチュラルな美しさを得意としています。

そして名医と呼ばれる医師は修正手術・再手術を得意としています。一度施術をして失敗した目頭切開をやり直す施術のことです。これは、通常の施術よりもはるかに技術を要します。名医と呼ばれる医師のもとには、施術に失敗してしまった患者の予約が舞い込むことが往々にしてあるものです。

修正手術や再手術は患者にとっても医師にとっても悲しいことです。こうした悲劇を生まない腕を持った医師、また悲劇から患者を救うことができる医師が名医と呼ばれるのではないでしょうか。

評判

クリニックの情報をもとに見極めることも大切ですが、患者さんからの評判の良さも判断基準のひとつです。

候補のクリニックをある程度絞ったら、インターネットなどで口コミ情報を見てみることをお勧めします。「いいな」と思っていたクリニックでも、口コミを調べると評判が悪いこともあります。もし評判が良ければ、安心感が得られますよね。

全てが正しい情報とは限りませんが、実際にカウンセリングや手術を受けた人の声は役立ちます。もし身近にそのクリニックを利用した経験がある人がいれば、直接話を聞いてみるのも参考になりますよ。

ただしインターネットで調べるにしても知人に聞くにしても、意見を鵜呑みするのは禁物です。誰でも書き込めるインターネットだからこそ悪意を持った口コミをする人もいますし、知人の評判もあくまで個人の感想です。都合のいい情報だけで判断せず、冷静に検討しましょう。

実績と経歴

執刀する医師の実績、そして経歴は必ずチェックしておきましょう。経験の浅い若手の医師が執刀した結果、患者の希望と違う仕上がりになってしまったなどの事態が実際起きています。

当然ですが多くの経験を積んだベテランの医師のほうが、経験の浅い医師よりも信頼できます。単に失敗されるリスクが少ないというだけでなく、名医であれば1人の医者が目・鼻・輪郭など全ての手術をハイレベルに行える上、患者の顔全体のトータルバランスを考えた治療が可能です。

経験の浅い医師だとトータルバランスを考慮するのが難しく、さらに特定のパートのみしか経験していない医師ならその他のパーツの知識・経験が乏しいため応用力もあまり期待できません。

日本美容外科学会に加盟しているかも確認しておくべき項目です。日本美容外科学会はJSAPSとJSASの2種類あります。

JSAPSは日本で唯一、国際美容外科学会に認められている美容外科学会です。形成外科専門医からなる組織なので、美容目的以外の形成外科に関しても知見が深いのが特徴です。認定医師になるためには、少なくとも5年研修を受けて試験に合格する必要があります。認定証を持っている医師であれば、顔だけでなく体全体に関して形成外科のトレーニングをしっかり受けていると考えていいでしょう。

JSASは美容外科クリニックの開業医のための学会です 美容整形に特化して技術を提供することを目的としているため、美容整形に関しての知識や技術をより深めているのが特徴です。 専門医として認定されるためには、5年以上の研修と試験に合格する必要があります。

執刀医はあなたの人生を左右する相手です。本当に任せて大丈夫なのか、しっかり見極めましょう。

目頭切開の名医をピックアップ!

目頭切開は蒙古襞を切開するため、なるべく安心して利用できる技術力の高い医師が在籍するクリニックを利用したいと考えている人が多いもの。目元は顔のなかでもとくに目立つ部分なので、自分の理想通りの目元にして欲しいですよね。ここでは、目頭切開の名医条件を満たした安全性かつ理想通りにしてくれる東京の名医を紹介していきます。クリニック選びで失敗したくない人は参考にしてみてください。

  施術の種類 他院修正 実績
目白ポセンシア 9種類 目白ポセンシアの院長は麻酔術を取得し、救急医療の現場経験もしたのことのある美容業界で活躍中の医師。また日本美容外科学会認定専門医をはじめとした様々な資格を所持しているため、実績で重視したい人におすすめのクリニックです。
ヴェリテ
クリニック
4種類 ヴェリテクリニックで採用されている医師の実績は、みな日本美容外科学会の専門医です。銀座院、名古屋院、大阪院の院長を務める医師は指導医なので安心して施術を任せることができます。
プリモ麻布十番
クリニック
3種類 プリモ麻布十番クリニックの院長は形成外科と美容外科の2つの学科を経験しているため、広い視野で様々なアドバイスをしてくれます。また医師になって15年以上とキャリアも充分な医師です。

比較表を見ると施術の種類に差はあるものの、他院修正や実績に関してはそこまで差はないという結果になりました。その結果を見て「じゃあ施術は比較されている3社どこのクリニックでもいいのでは?」と思った人も少なくないはず。

しかし、医師選びの次に大切なのが施術方法です。自分の目元に合わせた施術を行わないと、イメージと違った仕上がりになってしまい、あとで後悔することになりかねません。とくに自己判断で受ける施術方法を決めた人は要注意です。

クリニックの多くは患者の目元に合った施術法ではなくても、患者の理想に近づけようと提供できる施術でまかなおうとします。結果、理想通りの目元にならないケースも多く後悔する結果になってしまうのです。

そのため、なるべくクリニックを選ぶときは「施術数」に着目するようにしましょう。施術数が多ければ多いほど理想の目元に近づく可能性が増えます。もっとも施術メニューが多いのは「目白ポセンシア」。

施術内容を見ると他のクリニックと同じ施術がありつつも、腫れ・痛み・傷跡を最低限に抑える「プレミアム目頭切開Z法」「プレミアム拡大型目頭切開Z法」などクリニックオリジナルの施術を取り入れています。施術が多く用意されていればいるほど、自分の目元の状態に合わせた施術が選択できることになるのです。

目白ポセンシアクリニック 永久晶浩院長

永久医師の画像

画像引用元:目白ポセンシアクリニック
(https://ssl.possenssia.com/)

公式サイトを見る

院長略歴

  • 国立神戸大学医学部 卒業
  • 神戸大学付属病院 勤務
  • 大手美容外科 勤務
  • 大手美容外科東京本院 副院長
  • 目白ポセンシアクリニック開院

資格等

  • 日本美容外科学会認定専門医
  • 日本美容外科学会会員
  • 日本美容形成外科医師会会員
  • 日本美容外科医師会会員
  • 点滴療法研究会会員
  • 高濃度ビタミンC点滴療法認定医

カウンセリングから施術まで責任をもって
治療をしてくれる目元の専門家

日本美容外科学会の認定医である永久院長。国立神戸大学医学部を卒業したのち、同大学付属病院をはじめとした病院やクリニックに勤務します。2002年に目白ポセンシアクリニックを開院。来院する方1人ひとりを丁寧に見ることを心がけており、美容外科クリニックでは珍しい心理学や顔面分析学を導入してメンタル面からもカウンセリングをしてくれるそうです。

目白ポセンシアクリニックはワンドクター制なので、カウンセリングから施術までを院長である永久院長が担当します。久永院長は腫れが少ない目頭切開を得意施術としており、治療を受けた方の多くが満足しているそう。印象が大きく変わる目元だからこそ技術力のある医師に任せたいと考えている方におすすめです。

さらに、口コミには多くの人から「腫れが少なかった」という声も届いているので、実際に施術を受けた人の評判を重視したいという人にもピッタリです。

美容外科クリニックで初めてのコンセプトを実施

東京都豊島区にある目白ポセンシアクリニックは、美容外科クリニック界で初めて「癒しの美容外科」をコンセプトに開院されたクリニックです。来院した患者の安心・安全を第一に考えて施術をしてくれるので初めて施術をする人でも安心して利用可能。

さらに目白ポセンシアクリニックは開院以来、医療訴訟が1件も起きていません。それらを踏まえると院長の技術力の高さも伺えて、医師の技術力を重視している人は信頼して通えるクリニックだといえるでしょう。

目頭切開の施術方法と料金

施術名 料金(両目)
目頭切開Z法 220,000円
プレミアム目頭切開Z法 280,000円
目頭切開W法 280,000円
プレミアム目頭切開W法 340,000円
目頭切開上部形成法 220,000円
プレミアム目頭切開上部形成法 280,000円
目頭切開リドレープ法 220,000円
プレミアム目頭切開リドレープ法 280,000円
目頭切開他院修正術 330,000円~

目頭切開を受けた人の口コミ

  • 以前から目頭切開を受けたいと思っていたときに、たどり着いたのが目白ポセンシアクリニックでした。院長がカウンセリングから施術を行うワンドクター制だから、必然的に経験数も多いだろうと思い利用することを決意。カウンセリングに関しては、予想以上に丁寧にしてくださり疑問や不安に感じていたこと全て解消でき、不安を感じることなく施術に挑めました。施術は大体30分くらいで終了。施術から数日が経ち腫れや赤みがなくなり、施術したことも全く分からないくらい自然な状態になりましたよ。(20代/女性)
  • 目白ポセンシアクリニックで目頭切開をしました。他のクリニックより腫れが少ないと聞いていましたが、本当にその通りで大体2日くらいでは完璧に腫れはなくなりましたよ。かさぶたはメイクで隠せる程度だったので、周囲の人にばれることはありませんでした。理想にしていた控えめな二重になれたのもそうですが、それまでの過程が凄く自然だったのが本当に助かりましたね。(20代/女性)
  • プレミアム埋没法とプレミアム目頭切開の2つの施術を受けてきました。どちらもアフターケアがしっかりとしているため安心して利用できました。術後はそこまで腫れはなかったのですが、諸事情があってさらに腫れを引かせるため数種類の処置をしてもらいました。対応も凄くよかったので、利用して良かったです。(20代/女性)

目白ポセンシアクリニックの概要

所在地 東京都豊島区目白3-5-12 目白コアビル3階
アクセス JR山手線「目白駅」より徒歩2分
営業時間 10:00~19:00(完全予約制)
目白ポセンシアクリニックの公式HPはこちら >>

ヴェリテクリニック 福田院長

福田院長

画像引用元:ヴェリテクリニック
(https://www.veriteclinic.or.jp/)

公式サイトを見る

院長略歴

  • 名古屋大学医学部 卒業
  • 米国メイヨークリニック等 研修
  • 米国ミシガン州Craniofacial Instituteと
    Providence Hospital 研修
  • 小牧市民病院形成外科 部長
  • 愛知医大形成外科 講師
  • 大手美容外科 院長・医療次長
  • ヴェリテクリニック銀座院 院長
  • ヴェリテクリニック理事長 就任

資格等

  • 日本形成外科学会専門医
  • 日本美容外科学会専門医

海外で実績を積み知識量が豊富な医師

日本形成外科学会、日本美容外科学会の専門医の福田院長。名古屋大学医学部を卒業したのち複数の海外研修を受けて医師としての研さんを積んだあと、講師や他クリニックの院長を務めた経験を持ちます。そのため、実績が多い医師に頼みたいという人にはおすすめできる医師です。

さらに福田院長は形成外科から美容外科へ移動したため、形成外科時代の知識も豊富。経験を活かしつつ施術を進めてくれるため、幅広い判断ができるといえるでしょう。

また、国内はもちろんですが海外から福田院長を求めて訪れる患者も多くおり、技術力や評判を重視してクリニックを選びたいという人も安心して利用できます。たくさんの人からの評判を集めている福田院長は銀座クリニックのみならず希望があれば名古屋院や大阪院でも施術を受けることも可能なので、まずは相談してみるのも1つの手です。

専門医だけが在籍しているクリニック

ヴェリテクリニックで働く医師は、日本美容外科学会から専門医と認められた医師のみが採用されています。さらに銀座院、名古屋院、大阪院で勤める各院長は医師を育ててきた指導医なので、技術力や実績に関しては期待できるでしょう。

そんなヴェリテクリニックが提供する目頭切開は、基本的に皮膚を切除しないため「なるべく痛みを抑えたい」「万が一のときのことを考えて元に戻せるようにしておきたい」という人の希望にも応えられるクリニックです。

目頭切開の施術方法と料金

施術名 料金(両目)
Z法 270,000円
リドレープ法 270,000円
皮膚切除法 270,000円
蒙古襞形成 432,000円

目頭切開を受けた人の口コミ

  • 蒙古ひだがあり眼瞼下垂気味の二重だったのが悩みでした。色々と調べているときに偶然SNSで見つけた写真が理想通りの目元だったため、目白ポセンシアクリニックに頼むことにしました。初めての治療で緊張していたのですが、カウンセリングの際にしっかりとお話しを聞いてくださったので安心して施術をお願いできましたよ。術後2週間が経ちましたが、腫れもだいぶ引いており、理想の二重になっていて凄く嬉しかったです。(20代/女性)
  • 目頭のせいで目の周りが化粧しづらかったので思い切って目頭切開をしてみようと思ったのがキッカケです。無理に施術をすすめられることもなかったので、ノンストレスで施術を受けられました。施術前に麻酔を打っているので、眠っているうちに終わっている状況で痛みはありませんでしたよ。目が開きやすく化粧もしやすくなっています。感謝の気持ちで一杯です。(20代/女性)
  • 海外からの患者もいると聞いて、そこまで評判を集める医師になら安心して任せられると思い目白ポセンシアクリニックを利用しました。麻酔を打つので施術中に感じる痛みはありません。しかし術後に目を強めにつぶったり、こすったりしたら痛みがあるので注意が必要です。劇的な変化はありませんが、自然にコンプレックスを解消したいと思っていたので個人的には満足していますよ。(30代/女性)

ヴェリテクリニックの概要

所在地 東京都中央区銀座2-6-12 大倉本館5階
アクセス 東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩2分
営業時間 10:00~19:00(完全予約制)
ヴェリテクリニックの公式HPはこちら >>

プリモ麻布十番クリニック 大場天祐子院長

大場天祐子院長(画像準備中)

画像引用元:プリモ麻布十番クリニック
(https://www.primo-clinic.jp/)

公式サイトを見る

院長略歴

  • 京都府立医科大学 卒業
  • 京都大学形成外科医 勤務
  • リッツ美容外科東京院 勤務
  • 広尾プライム皮膚科中目黒ウォブクリニック 勤務
  • プリモ麻布十番クリニック 院長

資格等

  • 日本レーザー医学会正会員
  • 日本形成外科学会専門医
  • 日本抗加齢学会正会員
  • 日本美容外科学会正会員
  • 日本東洋医学会正会員
  • 日本美容皮膚科学会正会員
  • 漢方アドバイザー

専門医の資格を持っている女医

京都府立医科大学を卒業したのち、同大学病院の形成外科をはじめとした複数の病院で形成外科医として経験を積みます。その傍らで美容外科の美容医療トレーニングを受けて、2006年からは美容外科医としての人生をスタート。2年後には現在勤務しているプリモ麻布十番クリニックで院長としても活躍した医師です。

日本形成外科学会の専門医の資格を所持しているため、どんな形の目元でも対応できます。しっかりと知識のある医師に対応して欲しいという人におすすめです。また、大場天祐子院長が心がけているのが「丁寧なカウンセリング」。女性ならではの目線でアドバイスをしてくれるのはもちろんですが、施術するうえでのメリットデメリットまでしっかりと伝えてくれるので、施術が初めての人でも安心して利用できます。

安全・安心をモットーにしているクリニック

プリモ麻布十番クリニックは、安心・安全をモットーに最先端の施術を提供しているクリニックです。カウンセリングから医師が担当してくれるので、その場で感じた疑問をすぐに解決できます。

また、患者1人ひとりと向き合いその人に最適な施術を提供するため、利用するときは完全予約制となっているので利用する際は注意しましょう。

遠くから来院する人のために交通費を負担する、遠方割引きというサービスもあるので東京都民ではなくても気軽に利用できますよ。

目頭切開の施術方法と料金

施術名 料金(両目)
Z形成術(Z法) 270,000円
Park法 270,000円
蒙古襞形成 378,000円

目頭切開を受けた人の口コミ

  • 昔から目が小さいのがコンプレックスでずっと施術をしたいと思っていたので、今回は思い切って施術を受けてみることにしました。施術をスタートする前に麻酔をしていたので、施術中の痛みはとくにありません。術後直後は瞼につっぱっている感じはありましたが、3日もすれば腫れもなくなりました。1週間後にはスッピンでも傷跡が目立たないくらいにまでなったので良かったです。(30代/女性)
  • 施術となると一生ものなので「実績があるクリニックを利用したい」と考えていたときに見つけたのがプリモ麻布十番クリニックです。現在は施術をして3ヵ月が経過していますが、私の腫れぼったい一重瞼が、理想のぱっちり二重になりました!もっと早めにやっておけば良かったと後悔するくらい満足しています。(20代/女性)
  • カウンセリングの際に麻酔や施術の方法、万が一のアフターサービスについて詳しく話してくれたため安心して任せられました。いままでは人と顔を合わせるのも嫌だったのが、目のコンプレックスを解消できてからは人と話すのが楽しくなって、以前より性格が明るくなれたと思います。(20代/女性)

プリモ麻布十番クリニックの概要

所在地 東京都港区麻布十番1-7-11 麻布井上ビル2階
アクセス 都営大江戸線「麻布十番駅」より徒歩3分
営業時間 10:00~19:00(完全予約制)
プリモ麻布十番クリニックの公式HPはこちら >>

全国版・目頭切開の名医がいるクリニック一覧

美容整形技術やカウンセリングの丁寧さにも定評がある全国の美容整形クリニックから、とくに目元の施術の評判が高いクリニックを集めました。

簡単に特徴を記してみたので、気になるクリニックがあったら、ぜひ詳細ページをご覧くださいね!

目白ポセンシア

豊島区目白にある「目白ポセンシア」は、心理学を活用した丁寧なカウンセリングに定評があります。

施術にも時間をかけて丁寧に施してくれるので、腫れも少なく、ダウンタイムが短くなるので、通常の生活に戻るのも早いため、患者は安心して施術を受けられます。

そのほか、「交通費支給制度」などの患者に喜ばれるサービスを展開しているのも特徴です。

目頭切開の手術は両目で約22万円前後です。

永久晶浩院長

目白ポセンシアクリニックの院長を務める永久医師。国立神戸大学医学部卒業後、同大学病院で麻酔術・救急医療を習得したのち美容外科へと転身します。世にはびこる患者重視ではなく売上重視の経営スタイルに疑問を抱いていた永久医師は、その疑問を払拭するため独立の道を選択し、2002年に目白ポセンシアクリニックを開院しました。

開院当時から「公開医療」や「パーソナルデザイン」など常識にとらわれない新しいコンセプトを確立し多くの反響を得ることに成功。得意とする目頭切開でも独自のメソッドを取り入れた「目白ポセンシア式目頭切開法」で、安心安全な治療を提供するなど、まさに美容医療界の革命家と呼ぶにふさわしい名医の一人です。

共立美容外科

美容外科の中でも知名度が高い「共立美容外科」は、渋谷区代々木にあります。

目頭切開の手術は、両目で27万円程度、カウンセリングから手術まで担当医制で同じ医師が行うため、費用は高めですが安心感も高いのが特徴です。

目頭切開以外にも最新の技術を積極的に取り入れており、経験豊富な医師が多く在籍しているため、技術力が高いことでも有名です。

久次米秋人CEO兼統括院長

全国に22院を構える共立美容外科で代表を務める久次米医師。「クオリティの高い、患者さまの立場に立った美容外科手術を行うこと」をコンセプトに質の高いサービスを提供しています。二重や鼻など顔全般の施術を得意とし、これまでに積み重ねた症例は8万件以上。

そんな数多くの患者を診てきた久次米医師ですが、なかでも特に要望の多かった「痛くない」「腫れない」治療を実現すべくさらに技術を磨きあげました。その結果、独自の切らない二重術「共立式二重埋没P-PL挙筋法」を編み出すことに成功。患者からの評判も良く、高い人気を集めています。

ヴェリテクリニック

銀座にある「ヴェリテクリニック」は、銀座以外にも名古屋、大阪、福岡と4つのクリニックを展開しています。

目頭切開は両目で27万円前後、そのほか二重まぶたの手術も技術力があると口コミ評価の高いクリニックです。

知名度はあまり高くないようですが、その技術力の高さから多くの患者が訪れるクリニックで、仕上がりがきれいな手術をこだわっており、その人に合った目元に仕上げてくれます。

福田慶三理事長

名古屋大学医学部を卒業後、形成外科医としてアメリカへの留学経験を持つ福田医師。その後、小牧市民病院形成外科部長、大手美容外科で院長・医療次長を務めるなど、着実にキャリアを積み重ねていきました。

「美容外科医は通訳者であり、デザイナーであり、そして技術者・職人である」という考えのもと、ヴェリテクリニック入局後は医療技術だけでなく、患者との信頼関係を築くために必要なコミュニケーション能力の向上にも力を入れています。美容外科医として高い技術と確かな実績を併せ持つ福田医師は、2004年にヴェリテクリニックの理事長に就任。

名実ともに日本トップレベルの美容外科医として活躍しています。

プリモ麻布十番クリニック

麻布十番にある「プリモ麻布十番クリニック」は、明るい女性院長が運営する美容外科クリニックです。

目頭切開の費用は両目で25万円程度と平均的ですが、手術後のダウンタイムが短く、早めに通常の生活に戻れることから多くの患者が利用しています。

特に、施術では、Z形成術によって傷口をできるだけ目立たなく仕上げてくれるので、自然で華やかさのある仕上がりを求めている人におすすめです。

大場天祐子院長

大場医師は京都府立医科大学を卒業後、複数の病院で形成外科としての研さんを積みながら美容外科のトレーニングも行っていました。その後2008年にプリモ麻布十番クリニックの院長に就任。「患者さまの最初の相談相手でありたい」をモットーに、患者の不安を解消するため丁寧なカウンセリングを心がけているそうです。

また大場医師は日本形成外科学会認定の美容外科専門医でもあり、カウンセリング力だけでなく技術もしっかりと持ち合わせています。

その他にも、日本レーザー医学会、日本抗加齢学会など計6つの学会に所属し、幅広い施術にも対応するドクターです。

エースクリニック

名古屋駅近くにある「エースクリニック」では、目頭切開の手術を両目20万円以下で行っています。多くの患者が利用しており、症例はなんと10万件以上。

目頭切開以外には、アンチエイジングやボディラインを整える手術にも定評があります。術後のアフターケアに力を入れているため、美容整形が始めての人も多く利用しているようです。

竹内孝基院長

大阪大学医学部出身で、これまで同大附属病院勤務、大手美容外科クリニックにて院長を歴任した経歴を持つ竹内医師。

その後2010年にエースクリニックを立ち上げ、積み重ねた症例数は10万件以上と言われています。美容外科治療に幅広く対応している竹内医師ですが、特に二重整形といった目元まわりの施術を得意としており、多いときには1日に10件以上施術をこなす日もあるのだとか。

美容クリニックの激戦区と言われる名古屋市で人気を集めているだけあって、その実力は本物です。

高須クリニック

美容外科の代表ともいえる「高須クリニック」は、全国で運営していますが、名古屋院では両目の目頭切開を約25万円で行っています。

全国から選りすぐりのドクターを集めているため、さまざまな施術技術に自信を持っているので、費用は高めですが納得の仕上がりが期待できます。

特に麻酔技術が高く、痛みをまったく感じずに手術を終えることができると患者たちから高い評価を得ています。

高須幹弥院長

大手美容外科クリニックとして日本トップクラスの知名度を持つ高須クリニックの名古屋院で院長を務める高須幹弥医師。テレビやCMでもお馴染みの高須克弥医師を父に持ち、自身もまた美容外科医として活躍するサラブレッドドクターです。

目頭切開法はもちろんのこと、鼻や輪郭の形成、アンチエイジングなど幅広い治療に対応しています。父親ゆずりの美的センスで、これまで何人もの芸能人を担当してきたそうです。

サラブレッドとしての知名度だけでなく、多くの人に認められるほど確かな腕も持つ優秀なドクターです。

八事石坂クリニック

「八事石坂クリニック」は、地下鉄名城線の八事駅からすぐのところにあります。両目の目頭切開は約25万円、皮膚を切らない手術方法なので、修正しやすいのが特徴です。

形成外科専門医が在籍しているため、細かく微調整しながら手術を行ってくれるので、理想通りの仕上がりが期待できます。

カウンセリングもとても丁寧で、初診や手術前、手術後にも丁寧に説明してくれるので、納得した上で手術を受けられるのはうれしいですね。

大口春雄院長

1984年に岡山大学医学部を卒業後、複数の大学病院で麻酔科、形成外科として勤務したのち、オーストラリア・オランダの2ヵ国で留学経験を持つ大口医師。

帰国後は市民病院で形成外科部長を務め、2004年にヴェリテクリニック名古屋院で院長を歴任しました。その4年後に八事石坂クリニックを開院。麻酔科医、形成外科医、そして美容外科医として得た知識と経験を活かし患者の美に対する様々な悩みに応えてきました。

二重や若返り、しみ治療などにおいて「切らない治療」を積極的に取り入れ、競合ひしめく名古屋市で人気を博しています。

恵聖会クリニック

大阪市にある「恵聖会クリニック」は、両目の目頭切開手術がなんと15万円と、ほかのクリニックと比較するとかなり手頃な価格が特徴です。

目元の手術症例が非常に多く、経験豊富な医師が在籍しているので、しっかりとした高い技術も評判です。

目頭切開の施術においては、健康保険適用となるものも多いので、複数箇所の手術や治療を希望している人は、お財布にやさしく、きれいになれます。

鬼頭恵司理事長

鬼頭医師は1992年に国立岐阜大学医学部を卒業後、大学病院や市民病院にて形成外科・美容外科の基本となる麻酔や微細外科医手術などを習得しました。

その後2000年に恵聖会クリニックを創設し、これまでにあげた治療実績は約6万件以上。悪徳商法がまだまだ存在する美容医療において、患者に安心・安全な治療を提供するため、技術だけでなく適正な価格と万全なアフターケアを心がけているそうです。

現在大阪に2院構える恵聖会クリニック。関西エリア№1のクリニックを目指す鬼頭医師は、美容医療の質向上を重視し、多院経営は行わないスタイルをとっています。

慶友形成クリニック神戸

神戸市にある「慶友形成クリニック」での目頭切開手術は、両目で20万円弱。深く皮膚を切開しない手術方法を用いているので、抵抗なく受けられるのが特徴のクリニックです。

患者の目に合わせた多様なデザインがあるので、自然に美しく見える目元のデザインが見つかります。術後の検診もこまめに行っており、アフターケアが充実しているのもポイントです。

蘇雅宏理事長

東北大学医学部卒業、その後複数の病院で形成外科医として経験を重ねた蘇医師は、1999年に慶友形成クリニックを開院。

幅広い治療を手がけるオールラウンダーな医師ですが、なかでも眼瞼下垂やまぶたの切開法、フェイスリフトなどの治療実績は国内トップクラスだと言われています。「“満足させてこそがすべて“それが美容外科医としてのあるべき姿である」という考えのもと、リスクの少ない自然な状態に仕上げる治療を強く心がけているそうです。

患者の想いを大切に、一切の妥協を許さない姿勢が周りにも高く評価されています。

札幌中央形成外科

「札幌中央形成外科」では、埋没法と連携した「極力切らない」手術方法で、ナチュラルながらも華やかな目元を作ることができます。

手術費用も両目で16万円強と手頃な価格なので、施術の依頼がしやすい点も特徴です。

こちらで取り入れている目頭切開手術は手術時間が短く、日常生活に戻れる期間が早いことから多くの患者が利用しています。

武藤英生院長

1994年に東海大学医学部を卒業後、同大学の脳神経学科学教室で約5年間脳神経外科を学んだ武藤医師。

その後形成外科に移り、美容外科のベースとなる技術を習得したのち2003年に故郷札幌へ戻り札幌中央形成外科に入職しました。痩身や若返り治療など幅広いメニューを扱う武藤医師ですが、特に得意とする施術は二重整形。

武藤医師の実の父であり2009年に他界した当クリニックの前理事長、武藤靖夫医師が開発した「武藤式埋没法」を受け継ぎ、その仕上がりの良さから人気を集めています。

「患者やその家族の方たちとの対話を大切にする」を基本スタイルとしていることから、カウンセリングにも力を入れているドクターです。

城本クリニック

福岡市の「城本クリニック」では、目頭切開の手術を両目、約26万円で行っています。

こちらのクリニックは25年以上の歴史があり、全国に30院近いクリニックを運営していて、とくに、W形成術を用いた症例数が多く、信頼できるクリニックです。

目頭切開はそれぞれの目元に合わせたデザインで施術を行うので、自然な仕上がりで患者からの口コミ評価も高いです。

田中真輔院長

大学卒業は主に大学病院や市民病院で約15年間、形成外科医として研さんを積んできた田中医師。その後、美容外科へと転身し2008年にリッツ美容外科東京院で副院長を歴任しました。

そこで美容医療の基本を学び、2013年より大手美容外科である城本クリニック新宿院の院長を務めています。「患者の満足を得るまで妥協せず全力を尽くすこと」をポリシーに掲げ、徹底して患者の悩みと向き合っている田中医師。

主に二重・脂肪吸引・豊胸を得意としており、形成外科で培った技術力で難易度の高い手術にも対応しています。

福嶋美容外科クリニック

北九州市の「福嶋美容外科クリニック」では、目頭切開の手術を両目、約17万円で提供しています。

大規模な運営を行っているクリニックではありませんが、麻酔科と眼科、美容外科と3つの分野で多くの経験を積んだ院長がカウンセリングから手術まで行ってくれるので、患者の心身ともに安心できます。

施術時間が短く、体に負担をかけにくいのもポイント。

福嶋康二郎院長

日本大学医学部を1998に卒業した福嶋医師。卒業後は駿河台日大病院や東京都立府中病院で眼科医・麻酔医として、主に眼瞼下垂をはじめとする目元まわりの施術を手がけてきました。

その後、より技術を追求したいという想いから美容外科への転身を決意。2001年より大手美容外科で院長・理事を歴任し、2008年に福嶋美容外科クリニックを開院しました。「患者さんに満足いただけるドクター」を追い求める福嶋医師は、クリニックを完全予約制にすることで患者一人ひとりとじっくり向き合える時間を確保しているそうです。

実際の治療でも、眼科医・麻酔医時代に培った技術を活かし、痛みや腫れの少ない施術で人気を集めています。

目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!