東京イセアクリニック

東京イセアクリニックで受けられる目頭切開の術式の特徴、口コミ評判をまとめています。

東京イセアクリニックの特徴

アフターフォローが充実している東京イセアクリニック

東京イセアクリニックの公式HP画像

引用元:東京イセアクリニックの公式ホームページ(http://www.tokyoisea.com/)

「患者様に愛されるクリニック」をコンセプトに、患者さんの視点に立った美容医療の提供を心がけているイセアクリニック。患者さんが納得したうえで手術を受けられるように、カウンセリングとアフターフォローを大切にしています。

一人ひとりのまぶたの状態に合わせて医師が最適な施術を提案してくれます。イセアクリニックで受けられる目頭切開は、Z形成、W形成、単純切開法です。まぶたの状態に合わせて、施術を選んでくれるので、傷跡を最小限にしてメイクなしでもバレない、自然な仕上がりの目元が手に入るのだそうです。

施術時間40分、約3ヶ月で完成する目頭切開

目頭切開は、目頭部分にある蒙古ひだを切開して目を大きくする手術です。手術自体は通常約40分で終了することがほとんどで、難易度が高い施術ではありません。横幅を広げて大きくしたい人、平行二重に近づけたい人に向いています。

手術後は5~7日後に抜糸が行なわれます。ダウンタイムは2週間ほどで、約3ヶ月で傷が白くなり目立たなくなります。完成して改めて自分の目を見てみて、もう少し切りたいと感じれば、完成後1ヶ月以内であれば無料で再手術してもらえるそうです。

もちろん、1度の手術で終わるのがベストですが、心配ならば少し控えめに切ってもらって様子を見るのも1つの手です。切り過ぎた目頭を元に戻すための修正手術も行なってもらえますが、それは別料金になるようです。

麻酔やクーリングでダウンタイムを短く

ダウンタイムは、手術してから通常の生活に戻れるほど回復するまでの期間のことです。外科手術であれば、どんな種類のものであっても、当然身体はある程度のダメージを受けますから、腫れや内出血、痛みなどが生じます。目頭切開手術も同様で、個人差はあるものの切除した部分が腫れたり、痛みが伴ったりします。

東京イセアクリニックでは、このダウンタイムを短縮させるため、さまざまな取り組みを行なっています。まず、笑気麻酔を使用することで目元の力みをとって手術します。これにより、目元がリラックスした状態で目頭切開を行なうため、内出血を軽減できます。

局所麻酔には一般のものよりも細い34Gといった注射針を使用しますので、最低限の痛みで麻酔が行なわれます。また、注射針による麻酔を行なう前には、その麻酔注射の痛みを軽減するための目薬タイプの表面麻酔も用意してありますので、手術の際に感じる痛みを和らげる工夫をとっています。

手術前には、クーリングと呼ばれる冷却処置も行なわれます。これはまぶたを冷却することで毛細血管を収縮させ、内出血を抑える効果があります。結果として目の回復が早くなり、ダウンタイムを短くすることができます。

術後2~3時間経過すると麻酔が切れ痛みを感じはじめますが、対応策として痛み止めの薬が処方されます。

目頭切開の手術では入院の必要はなく、手術後当日からシャワーを浴びても大丈夫です。ただし、手術した目はぬらさないように注意しましょう。手術翌日からは洗顔も可能です。

そして1週間前後で抜糸が行なわれますが、抜糸翌日から、入浴やメイクが可能になります。そして飲酒や運動が解禁されるのも、抜糸翌日からです。イセアクリニックでは、カウンセリングに力を入れていますので、術後の状態で何か心配なことがあれば、何でも事前に聞けるのも安心要素と言えます。

イセアクリニックで行われる手術費用は麻酔と痛み止めの薬も込みなので、追加料金がかかりません。費用の心配をせず手術にのぞめるのはうれしいポイントですね。

さらに、術後の再手術が無料なので、もしも仕上がりに満足できなかった時のアフターフォローも万全です。安心して施術を受けられるクリニックといえるでしょう。

目頭切開の施術方法と費用@東京イセアクリニック

費用 片目 13万8,000円
両目 23万円
所要時間 40分
施術の特徴
  • Z形成、W形成、単純切開法などから選ぶことが可能。
  • 麻酔と痛み止めが無料。万が一、気に入らなかった場合は無料で再手術が受けられる

目頭切開の名医「吉種克之医師」

常に美容外科と真剣に向き合ってきたドクター

吉種克之医師は、東京イセアクリニックの総院長と美容外科部長、銀座院院長です。 すべての美容外科手術に高い技術を持っており、25年もの間、形成外科、美容外科医として、腕を磨いてきたという実績の持ち主。

美容外科医としてのスピードと正確性を高く評価されています。 さらに、日本最大の美容外科だった神奈川クリニックで、長きに渡って美容外科医師の育成も行ってきたそうで、常に、30名~40名もの医師を指導してきました。

吉種医師の弟子は全国に100人以上いると言われ、多くの美容外科医を育てあげ、なおかつ現役で技術を磨き続けている、職人肌の名医と言えるでしょう。ドクター自身は、患者さんに満足してもらうことや患者さんの気持ちに寄り添いながら、最適な施術を一番に考えているそう。

2010年には、多くの有名クリニックからの誘いを受けつつも、『本当の意味で患者様に寄り添い、患者様のためになる治療だけを提案し、熱意をもって最新の技術を駆使し全力で取り組む』といったイセアクリニックの理念に惹かれ、これまでにない理想の美容医療を実現するために、東京イセアクリニックに転院しました。

イセアクリニックではその理想を実現するために、日々患者さんと向き合っているそうです。最新の技術や患者さんに寄り添うことを一番に考えているドクターといえるでしょう。また、高い手術の腕を持っていることと、温厚な人柄から、スタッフからも信頼されているドクターです。

吉種医師はその高い技術により、難易度の高い美容手術や、他の医師のクレーム症例再手術も多く手掛けてきました。吉種医師にお任せすれば安心な患者さんも多く、美容外科医として業界の発展にも大きく貢献していると言えるでしょう。

ドクター経歴

  • 1986年
    -東京医科大学 卒昭和大学形成外科 入局外科、整形外科、麻酔科 研修後 大学関連病院にて形成外科、美容外科研修
  • 1995年
    -神奈川クリニック勤務 理事、指導医、診察部長 歴任
  • 2010年
    -東京イセアクリニック 診療部長
  • 2011年
    -東京イセアクリニック 渋谷院院長就任
  • 2015年
    -東京イセアクリニック総院長就任 銀座院院長兼務

保有資格

  • 日本形成外科学会認定専門医
  • 日本美容外科学会認定専門医

所属学会

  • 日本形成外科学会認定専門医
  • 日本美容外科学会認定専門医

東京イセアクリニックを利用した人の口コミ

口コミ 二重の幅を広げたいと思い、イセアクリニックで埋没法と目頭切開の組み合わせ施術をお願いしました。手術直後は、糸が付いているだけといった感じ。抜糸後も腫れなどは無く、自然な仕上がりの目になりました。手術後に一度「経過はいかがですか」という電話があったことで、アフターフォローもしっかりしているクリニックだと感じましたよ。埋没法と目頭切開を同時にしたことで、キレイな二重になり、顔の印象が明るくなったように感じます。大満足の結果です。(20代/女性)

口コミ もともと目がコンプレックスで、化粧にも時間がかかってしまっていました。そんな手間から解放されたいと思い、カウンセリングを受けてみることに。分かりやすくメリットやデメリットまでも説明してくれたことが決め手となり、施術をお願いすることにしました。施術中も声をかけて下さり、痛みが出ないように配慮してくれました。コンプレックスが解消されたことで、メイクがしやすくなりましたよ。また何かあれば、お世話になりたいクリニックです。(30代/女性)

口コミ 目と目の間が離れ気味だったのが悩みでした。そんな時に目頭切開を知り、イセアクリニックへ。電話対応からカウンセリングに至るまですべて丁寧に対応してくれるクリニックです。私のことを本当に良く考えて下さっているということが伝わってきたので、考えたうえで手術にのぞめました。手術後、麻酔が切れてくると少し傷みましたが、もらっていた痛み止めの薬を飲まなくても我慢できる程度。離れていた目のバランスが良くなり、本当に手術を受けてよかったと思いました。(10代/女性)

クリニック概要:東京イセアクリニック銀座院

所在地 東京都中央区銀座6-2-3 Daiwa銀座アネックス3F
アクセス 山手線「有楽町駅」より徒歩6分
営業時間 11:00~20:00(完全予約制)
目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!