魅惑の目元を手に入れる!目頭切開の名医ガイド » 目頭切開の得意な名医がいるクリニックを紹介 » 東京で目頭切開が得意な4人の美容外科専門医・形成外科専門医

東京で目頭切開が得意な4人の美容外科専門医・形成外科専門医

「専門医」とは

当然のことですが、医師になること自体が大変ハードルの高いもので、大学から6年間医療についての学び、国家資格に合格することで初めて医療行為を行う資格が得られます。

その後、研修医として2年間実務を学び、そこで初めて医師として医療行為を行うことが可能となるのです。

しかし、医療は日々発展していく上に治療の幅が広いため、分野を絞って専門的な医療を学ぶことでより高い医療を患者さんに提供することができることが望ましいという考え方もあります。

そこで、各分野の医学学会が、専門的な技術や知識を持っていると認定した医師に対して、「学会認定専門医」という認定資格を付与する制度が導入されました。

専門医になるためにはたくさんの条件がある

では、その分野のスペシャリストと認定される専門医にはどうやってなれるのかというと、各学会で設けている認定条件をクリアすることが必須になります。

一般的に「専門医」というと「学会専門医」を指しますが、学会専門医になるためには、その学会に登録していること、学会が定めた実務経験年数をクリアしていること、学会が提供している研修や講座を修了することなどの条件が定められていることが多いです。

目頭切開手術にも専門医がいる

目頭切開においても美容外科や形成外科に関する学会が認定している専門医制度があります。

近年では、各学会の認定専門医であることを宣伝することができるようになり、クリニックのホームページなどでプロフィールから自ら確認することが可能となりました。

専門医の高い技術力のある施術を受けたい方は、事前に医師のプロフィールを確認すると良いでしょう。

東京の4人の美容外科・形成外科の専門医を紹介

1.目白ポセンシアクリニック・永久晶浩 院長

日本美容外科学会認定専門医。

神戸大学医学部を卒業後、大手美容外科東京本院副院長を経て、平成14年目白ポセンシアクリニックを開院。

心理学を取り入れたカウンセリングにも定評があり、カウンセリングから手術まで院長自身が担当する「ワンドクター制度」など、患者の目線に立った医療を提供しています。

2.ヴェリテクリニック銀座院・藤本雅史 院長

日本形成外科学会専門医。

東京慈恵会医科大学を卒業後、同大学附属病院の外科に配属、形成外科などさまざまな経験を経た後2015年ヴェリテクリニックに入職。

2016年ヴェリテクリニック銀座院院長に就任しました。

患者との信頼関係を築くことをモットーに、「なりたい自分になる」ための医療を提供している。

高い技術力があり、自然で傷跡が目立ちにくい目頭切開手術をしてくれます。

また、開きすぎてしまった目頭の修正も行ってくれます。

3.共立美容外科新宿本院・久次米秋人 CEO兼統括院長

日本美容外科学会認定専門医。

「患者さんの立場に立った美容医療を行う」ことをモットーに、1989年共立美容外科を創立。

共立美容外科は2017年現在で全国に22院を開院している。

施術内容によりますが、アフターケアを行う場合にも施術した担当医が行ってくれるので、より適確なアフターケアを受けることができます。

4.プリモ麻布十番クリニック・大場天祐子 院長

日本形成外科学会専門医。

京都府立医科大学を卒業後、京都大学形成外科やその他大学病院、総合病院を経て2006年リッツ美容外科に入職。

広尾プライム皮膚科、中目黒ウォブクリニックを経て2008年プリモ麻布十番クリニック院長に就任。

丁寧なカウンセリングを心がけ、一人ひとりの患者に最適な医療を提供することをモットーに美容医療を提供しています。

目頭切開手術では、傷跡が目立ちにくく、ダウンタイムが短い施術を行っています。

目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!