1.カウンセリングを受ける

目頭切開の手術を考える際、カウンセリングは信頼できるクリニックを見つける重要なチェックポイントです。美容整形で必ず相談しておくべきことを紹介します。

カウンセリングでチェックしておきたい3つのポイント

医師目頭切開をはじめ、美容外科などでの整形手術などを考えている場合に、クリニック選びの重要なポイントとなるのが、実はこのカウンセリングです。

実際の施術の内容や所要時間、費用などの情報はもちろん、スタッフの雰囲気や態度、クリニックの設備など、さまざまな点をチェックすることができます。

ここでは特に、目頭切開のカウンセリングの際に気をつけておくべきポイントを3つ紹介します。

手術の内容と仕上がりのイメージをチェック

カウンセリングでもっとも重要と言えるのが、目頭切開を受けることで、どのような印象の目になれるか、ということ。

目を大きく見せたい、つり目を治したい、二重をはっきりさせたいなど、まずは自分の希望をしっかりと伝えることが大切です。

うまく伝えられない場合は、イメージに近い写真やイラストなどを持参するのもよいでしょう。

芸能人の○○さんのようになりたい、という要望も効果的です。

そうしたはっきりした理想像があれば、インターネットで画像検索しながら、どのような目にしたいのかを話し合うこともできます。

医師の側としては、仕上がりのイメージがしっかりしていると、その理想に近づけるためにどうしたらよいのかを説明しやすくなります。

たとえば目と目の間が離れているため、この幅をもう少し狭くしたいという人や、切れ長の目にしたいという人がいることでしょう。

また、単純に目を大きくしたいという人、半永久的な効果がある手術を望んでいる人もいるでしょう。

その希望に応じて、どのような施術の方法があるのか、手術を受けた場合どのような仕上がりになるか、を分かりやすく説明してくれるクリニックが望ましいと言えます。

できればひとつの方法だけではなく、複数の方法での可能性を提案してくれると、さらに良し。

いくつもの手術の方法を行えるクリニックは、それだけ目頭切開の分野に精通していると言えますし、さまざまなタイプの目を手術してきた実績が期待できるためです。

仕上がりの理想は「美の黄金率」

美容整形手術の方法として目頭切開が選ばれることが多い理由のひとつは、「美の黄金律」に近づけることができるということです。

人の顔は、左右それぞれの目の横幅と、左右の目の間の比率が1:1:1だとバランスが取れて整った顔になると言われています。

この黄金律通りの美しい顔に近づけるため、目頭切開を提案してくれるクリニックも多いことでしょう。

ただし、日本人には、「目と目の間隔が広い人」として2種類のタイプがあります。

  • 蒙古襞が発達しているゆえに目と目の間が広がっているタイプ
  • 目頭切開によって黄金律に近づけると、バランスよく美しい顔になります。

  • 蒙古襞があまりになく、骨格的に目と目の距離が離れている人
  • 目頭切開手術をすると目頭の赤胃粘膜部分が目立つようになって、仕上がりはきついイメージになってしまいます。

    単純に黄金律を当てはめればいいというわけではありませんので、自分の顔のタイプを理解した上で、仕上がりイメージをしっかりと確認するようにしましょう。

確認しておきたい基本情報

カウンセリング時には、以下のような基本情報についてもチェックしておくと安心です。

  • 施術の時間
  • 目頭切開の手術をする場合、施術時間は20分から30分、長くても1時間くらいとなることが多いようです。しかしそのために何分前に来ておけばいいのか、麻酔の時間も含むのか、など、クリニックによって説明の仕方が違うものです。初めて手術を受ける患者側からすると分かりにくい部分も、質問して明確にしておきましょう。

  • 痛み
  • 手術でどれくらい痛みがあるのかは、なかなか言葉では伝わりにくいものです。初めて手術を受ける人にとっては心配な要素の一つですから、そうした患者の気持ちに配慮して説明してくれるクリニックは、信頼できると言えるでしょう。

  • 麻酔の方法
  • 目頭切開手術では、目薬タイプの麻酔、目元に塗る麻酔クリーム、局所麻酔注射という3つの麻酔を組み合わせます。目元に注射するのは怖いものですが、そのチクッとした痛みをなるべく感じないように工夫されているクリニックなら安心できます。手術後に麻酔が切れると、痛みを感じるようになります。痛み止めでどれくらい和らげることができるのかを確認しておきましょう。

  • ダウンタイム
  • 一般的に目頭切開では大きな腫れは1~2週間で引きます。抜糸をしたらメイクも可能。このダウンタイムはデザインによっても違ってきますので、メイクができるようになるまで仕事を休みたい人は、大体の期間を質問してみると良いでしょう。なお、目元の皮膚が回復してイメージした目が完成するまでの期間は大体6ヶ月前後だと言われています。

  • 日常生活への支障の程度
  • 万が一トラブルが起きた時はどうなるか

料金の明朗性をチェック

電卓

手術内容を重要視するのはもちろんですが、やはり費用面もしっかりチェックしておきたいもの。

目頭切開はさまざまなクリニックで行われており、安いところも高いところもあります。

残念ながら、金額と技術はあまり関連性はないようです。高いからと言って必ずしも技術が高いというわけではなく、かといって安すぎるところの技術にも不安が残ります。

参考までに、一般的な目頭切開の費用を紹介すると、平均して20万円前後です。このことを念頭に置きつつ、

  • 費用に含まれるサービス
  • 別途発生するかもしれない費用
  • アフターケア、薬代、通院費などの費用

など、料金体系が明朗かどうかもチェックしておきましょう。

クリニックによっては、手術後の仕上がりが気に入らなかった場合、一度だけ再手術可能という保証をしていることがあります。

しっかりした保証をつけているクリニックでは、そうした修正手術をする必要がないよう、カウンセリングの段階から丁寧にヒアリングしてイメージを明確にしていることが多いもの。

それでも再手術に応じてくれるのは、患者の気持ちに寄り添っているクリニックであることの証です。

しかし、再手術をうたってはいても、実際には何かしら理由をつけて渋るケースもありますので、再手術の条件をきちんと確認しておくことも大切です。

医師やスタッフ、クリニックの雰囲気をチェック

カウンセリングを受ける際の医師やスタッフの対応で、そのクリニックの質をある程度計ることができます。

とくに、「カウンセリングに、手術を担当する医師が同席しているかどうか」は大切なチェックポイントです。

目頭切開は数ミリ単位の手術になるため、担当医師に自分のイメージをしっかりと伝えることが成功のカギ。

希望のイメージに近づけるよう、医師がどれくらい説明してくれるかによっても、そのクリニックの信頼度が計れます。

スタッフやカウンセラーのみによるカウンセリングですと、やはり不安が残るので、要注意といえます。

できれば、施術を担当してくれるドクターがカウンセリングから話を聞いてくれるクリニックが、比較的安心できるのでオススメです。

目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!