傷跡でバレないかしら?

いくら見栄えがよくなるからといっても、やはり目頭切開をしたことがばれるのは避けたいもの。でも傷跡のことが心配…。実際のところはどうなのかを調べてみました。

目頭切開は傷跡からばれる?

疑問小さく狭い範囲とはいえ、皮膚にメスを入れる目頭切開術。傷跡や腫れで周囲のひとにばれないのかは心配ですよね。

クリニックの症例を調べてみると、傷が目立たないZ法やW法といった術式が用いられているので、周囲にばれてしまうほどの傷跡は残らないようなのですが…本当のところはどうなのでしょう。

ここでは、手術後から傷跡が落ち着くまでの状態経過や傷が目立ちにくくなる方法、さらに、目頭切開をしたことがばれてしまうのはどんな時かを解説していきます。

目頭切開の傷跡とは

メスを入れる美容整形では、どの部分であっても傷跡が完全になくなるということはありません。

しかし、目頭切開の傷跡は治りやすく、目立ちにくいことがほとんどです。

目の周りは血の巡りが良いので、傷が治りやすいといわれています。時間とともにきれいに目立たなくなり、メイクをしてしまえば他人に気づかれないことがほとんどです。

残念ながら、医師の技術力不足で、蒙古ひだの後戻りがおきて不自然な目になることがあります。その場合は再手術をする必要があります。

どうしても傷跡が残ってしまった場合は、レーザーや注射で治療をする方法もありますので、クリニックで相談してみましょう。

目頭切開の傷跡の経過

手術後1週間は縫合の糸が残った状態なので、傷が目立ちます。この間は、外出時はサングラスをするなどして傷口を隠すしかありません。

抜糸後に傷口がうっすら残ったり、内出血をしたり、赤みがでることもあります。その場合、多くの方はメイクやメガネで対応しているようです。

抜糸後の傷跡の経過は、早い人では1ヶ月程度で、周囲にばれないくらい、きれいになります。長い人では半年間かかることもありますが、個人差が大きいのです。

また、目頭切開と二重切開などの目の手術を同時に行った場合、目の周りにかかる負担が重いため、なかなか腫れがひかない場合もあります。

この時は二重線の部分が浮腫んだように腫れ上がり、線が食い込んだように太くなるため、不自然なほど二重が強調されます。いかにも「整形手術をした」というような顔になってしまうことも考えられます。

傷が残らないようにするために

傷に負担がかかると、目立ちやすい傷が残ってしまうことがあります。

目頭切開の手術をしたあとしばらくは、傷をこすったり触ったりしないこと、言うまでもなく濃いメイクを落とすためにごしごしこすることは厳禁です。

また、傷をきれいに治すためのテープや塗り薬などもあるので、施術を受けたクリニックで医師に相談してみるのもいいでしょう。

目頭切開の傷跡を隠す方法

目頭切開といっても施術法は様々あり、施術によって傷跡が残りにくいものもあれば残りやすいものもあります。また、ダウンタイムの長さも違ってきますので、施術ごとに傷跡のケアの方法を説明いたします。

W法(内田法)のダウンタイムと傷跡ケア

W法とは「蒙古ひだ」と呼ばれる目頭の皮膚をWの文字型に切開して目を大きく見せる施術です。

W法(内田法)の解説

長所は施術後にもとに戻りにくいことと、仕上がりが自然になるため人気の高い治療法です。

術後のダウンタイムや傷跡に対するケアですが、抜糸まで7日間ほどかかります。また術後2週間は腫れが残ってしまい、完全な状態になるには1ヶ月ほど必要になります。

1ヶ月もどうやって隠そう…と心配になるかもしれませんが、万が一腫れや皮下出血があってもメイクで隠せるくらいのものですので、すっぴんを他人に見せないことが傷跡を隠す方法になります。

Z法のダウンタイムと傷跡ケア

Z法とは「蒙古ひだ」をZの文字型に切開して目を大きく見せる施術です。

Z法の解説

長所は、切開するラインがシンプルな形状ですので、傷跡が残りにくく、傷跡を気にするのであればW法よりもおすすめです。また、切開後の印象もシャープな目になるため、そういったイメージを持たれたい方にもおすすめです。

術後のダウンタイムや傷跡に対するケアですが、抜糸まで7日間というのはW法と同様ですが、腫れは1週間程度と言われていて、W法よりも回復が早いようです。ですので、メイクで隠す方法ももちろん有用ですが、長期休暇中に済ませてしまうという方法もあります。また、腫れが引くまでサングラスで乗り切るという方もいらっしゃいます。

リドレープ法のダウンタイムと傷跡ケア

リドレープ法とは美容大国「韓国」で生まれた手法で切開するラインを最小限にする方法です。

リドレープ法の解説

長所はとても控え目な切開ラインですので傷跡もW法やZ法と比べて目立ちません。しかし、そのためW法やZ法と比べて「目が大きくなった」実感は少なくなります。

どうしても目頭切開がバレたくないという方にはもっともおすすめできる施術になりますが、「効果」を求めるか「バレない」ことを求めるかで選択する施術法が変わってきます。

術後のダウンタイムや傷跡に対するケアですが、実はこのリドレープ法、ダウンタイムは長めで術後の腫れがひくまで2週間ほどと言われています。こちらもメイクで隠せる程度のものになります。

その他の施術のダウンタイムと傷跡ケア

目頭切開の有名どころ「W法」「Z法」「リドレープ法」以外にも目頭切開には施術方法があります。

三日月法(単純切開)のダウンタイムと傷跡ケア

三日月法は古くから行われている目頭切開の施術になります。目のふちの皮膚を切るのではなく、目頭の少し離れたところを切開して縫合する方法になります。

三日月法の解説

ダウンタイムが短いメリットはありますが、傷跡は目立ちやすい方法ですので、傷跡をずっとメイクで隠さなくてはならないデメリットがありますので、傷跡を隠すことを考えるとおすすめできません。

Mack法(Y-V形成術)のダウンタイムと傷跡ケア

Mack法は蒙古ひだを「横に倒したY字」型に切開して、目を大きく見せる施術になります。こちらは目をシャープなイメージにしたいときに用いられる施術です。平賀法もこの施術の一種になります。しかし、Y字に切開するとW文字型に傷跡が残り、こちらも傷跡を隠すことを考えるとおすすめできません。

傷跡を隠す万能手段は「メイク」

目頭切開の傷跡を隠すのにはメイクがもっとも優秀な方法です。しかし、傷跡が残りにくい施術を選ぶことがもっとも重要ですので、傷跡の残りにくいW法、Z法、リドレープ法の中から選んでみてはいかがでしょうか。

目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!