目頭切開で作れる二重の種類

目頭切開は目の大きさだけでなく、二重の形状を変化させ、目元をぱっちりさせることもできる施術。しかし、その適用には一重の人と二重の人とで違いがあります。

どんな二重を作ることができるのか詳しく解説しましょう。

1mmの変化でも大きな違いが現れる手術

疑問目頭切開で実際に行われる手術だと、メスで蒙古ひだを切除するのはわずか数mmという狭い範囲。

しかし、たった1mmの変化であっても、目頭切開を終えると瞳の大きさや二重の幅は大きく違って感じられるのです。

顔の中でも視線の集まりやすい目元は、それだけ人の印象を左右する重要な部位。

デザインにも施術にも繊細さが求められることになります。

蒙古ひだのある場合とない場合の違い

蒙古ひだの張りの強さや大きさには個人差があり、数は少ないですが日本人であっても蒙古ひだのない人もいます。

蒙古ひだがある場合とない場合とでは目元の印象はガラリと変わり、一般的に蒙古ひだがある場合は「かわいらしい」「幼い」印象となります。

その逆に蒙古ひだがない場合では「欧米人のような華やかな、大人びた、美人」の印象を人に与えます。

平行型二重を作る施術法

目頭切開を行う理由の1つとして、平行型二重まぶたを作るという目的があります。

目頭切開を行うことで、欧米人や芸能人のようなぱっちりとした華やかな目元が実現可能となります。

その平行型二重の形成には、個人によって施術方法に違いが。

もともと一重まぶたの方や、二重の幅の狭い末広型の方の場合は、目頭切開に加えて二重手術も行わないと綺麗な平行型にはなりません。

同時に行われる二重手術では、埋没法などが採用されます。

一方、同じ末広型でも二重まぶたの幅が広い方は、W法などの目頭切開を行うことで平行型二重にできます。

このとき、W法だと目頭の先が丸くなる傾向があるので、三角形の目頭を望む場合はZ法も適用されます。

平行型二重になると同時に、いずれの施術でも目頭を切開することによってこれまでより目を大きく見せられます。

幅の広い末広型二重を作る施術法

目頭切開術にはZ法・W法・V法とさまざまな術式がありますが、いずれも目頭を切開し、蒙古ひだに隠れていたピンク色の肉(涙丘)を露出させるという方法が用いられています。

こうして涙丘を露出させることで二重の目頭部分の発端の位置が移動し、二重の幅が広がるのです。

目頭を小さめに切開すると二重の幅の広がりもわずかになりますが、大きめに切開するとそれだけ二重の幅も広がります。

このとき、蒙古ひだを完全に切除すると末広型二重を平行型二重にすることも可能です。

しかし、目頭切開で二重の幅を変えることができるのは、あくまで目頭のほうだけ。

まぶたの中央から目尻のほうにかけての二重の幅は、目頭切開を行っただけではほとんど変わりません。

まぶた中央から目尻までの二重の幅を広げたい場合には、ほかの二重形成術を同時に行う必要があります。

一重の人が理想の目の形を手に入れるためには

一重の場合、目頭切開だけでは二重を作ることはできません。

もともと二重の人が幅を広げたり、末広型を平行型にするのには向いていますが、あくまで目頭切開は目頭の形状を変えて目を大きく見せるものであって、二重手術を目的としたものではないからです。

一重の方が理想的な二重を手に入れるためには、目頭切開と同時に二重形成手術を行う必要があります。

ダウンタイムを短縮できるという意味もあって、クリニックによっては目頭切開と二重手術を合わせた値引きプランを用意しているところもあるほど。

目頭切開と同時に行われる二重手術には「埋没法」と「切開法」があります。

埋没法はメスではなくて、まぶたに糸を埋め込み二重のラインを固定する、いわゆるプチ整形。

切開法は文字通り、目頭切開同様にまぶたを切開して二重のラインを形成する手術方法です。

埋没法のダウンタイムは目頭切開とほぼ同じ1週間。

切開法はそれよりも長く1~2週間はかかります。

目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!