ダウンタイムはどのくらいみておけばいいの?

いざ目頭切開の手術をしたときに、ダウンタイムはどのくらいの期間を考えておけばよいのかを調べています。

目頭切開のダウンタイムの目安期間は1週間

疑問目頭切開の手術をしてから、抜糸ができるのは5~7日後くらいです。その間は目頭に糸がついたままになるので、外出やお仕事への復帰は難しいでしょう。

内出血や腫れや赤みといった症状もこの間に落ち着いてきて、抜糸の翌日からはメイクも可能です。

ダウンタイムの過ごし方

外出はOK?

ダウンタイム中は糸が残ったままですが、目頭切開は体への負担も少ないですし、もちろん外出しても問題はありません。手術翌日はコンタクトレンズやメガネ、サングラスをかけて外出しても大丈夫です。

ただし、強い紫外線に当たりすぎると、傷口がかゆくなったり赤くなったりすることもあるようですので、念のため注意したほうがいいですね。

腫れた場合は?

手術当日や翌日に、ごくまれに腫れることがありますが、その時は傷口に負担がかからないように、清潔な布をそっと当てて冷やしてください。アイスノンをハンカチなどでくるんだものでOKです。

強い腫れが続くようであれば、担当医に相談されたほうがいいと思いますが、冷やすことで腫れは和らいでくると思います。

メイクや洗顔は?

抜糸をするまでのダウンタイム中のメイクは避けてください。メイクそのものも傷の負担になりますし、目頭切開の傷口を避けてメイクをしたとしても、クレンジングや洗顔のときに傷に触れてしまう可能性があるので、負荷がかかってしまいます。

メイクやクレンジングが傷にしみたり、ばい菌が入ってしまったりするわけではないのですが、この時期の傷口は慎重に扱ってください。

かさぶたができたり、汚れが気になったりすることもあるかもしれませんが、その場合はこすらずにシャワーでそっと流しましょう。

ダウンタイム後の経過

抜糸をしたばかりのときは、まだ小さな傷跡が残ることがありますが、腫れや痛みの心配はありません。個人差はありますが一般的な経過をまとめると、次のようになります。

痛みを感じる期間

痛みは手術翌日か2日くらいまでの間に、多少感じることもあります。

内出血

ほとんどの場合、内出血はありませんが、術後から1週間までの期間に起きることもあります。まれに内出血がおきても、メイクでごまかすことができる程度です。

また、この期間に内出血が起きると、その赤みが引くまでに2週間ほどかかることもあります。

腫れ・赤み

術後1週間の間も、抜糸後も、腫れや赤みはほとんどでません。

また、まれに腫れが出るケースであっても、目頭が浮腫んだようになる程度です。

傷跡

早い人は1ヶ月程度で、メイクをしなくても気にならないくらいになります。長い人でも3~6ヵ月もすれば、傷跡はきれいになります。

目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!