魅惑の目元を手に入れる!目頭切開の名医ガイド » 目頭切開とは?知っておきたい基礎知識 » 正しい目頭切開で大人っぽく!老化が進むといわれる原因を解説

正しい目頭切開で大人っぽく!老化が進むといわれる原因を解説

疑問

美容整形クリニックなどで人気の目頭切開。小さい目をひとまわり大きくして魅力的な目元にする施術として女性を中心に人気を集めています。

しかし、その一方で、目頭切開をしたら老けて見えるようになったという声もちらほら見受けられます。きれいになるための施術でなぜ老けてしまうのか。その原因と対策方法をまとめてご紹介します。

目頭切開の基礎知識

まず基本的な知識として、目頭切開の方法や仕組みをおさらいしておきましょう。

目頭切開の基本的な施術方法

目頭切開とは、目頭のピンク色の部分を覆う「蒙古ひだ」と呼ばれる皮膚を取り除く外科施術のことです。

蒙古ひだは、日本人を含む黄色人種によく見られるもので、寒さから目を保護するために発達したという説があります。

しかし、目が小さく見える原因になってしまうため、現代ではコンプレックスのひとつとなっています。

そこで生まれたのが目頭切開術です。

蒙古ひだを人工的に取り除くことにより、瞳を大きく見せることが可能となっています。

目頭切開の効果

目頭切開を行うと、隠れていた目頭の部分がはっきり見えるようになり、目の幅が長くなります。その結果、目がひとまわり大きく見えるようになり、くっきりとした目元を作ることができます。

また、目頭の部分が長くなると目と目の間の距離が縮まり、離れ目の悩みも解消できるところが特徴です。

目頭切開で老けて見える2つの原因

目頭切開は目元のコンプレックスを解消する有効な手段ですが、それはあくまでも正しい方法で切開した場合のみに発揮される効果です。

不適切な方法で施術すると顔の印象が老けてしまうことがあります。

目頭の切りすぎ

目頭切開が失敗する一番の原因は、蒙古ひだを切りすぎてしまうことです。

一般的に目頭は、ピンク色の部分がとがった三角形をしていると違和感なくきれいに見えるのですが、目頭を切開しすぎるとピンク色の部分が四角や丸の形になってしまうことがあります。他に鳥のくちばしのような細長い形になることもありますが、いずれにしても不自然な仕上がりになってしまうことに変わりはありません。

目と目の間も狭まり過ぎて、きつい顔立ちになってしまい、大人っぽいを通り越して老け顔に見えてしまうことがあるようです。

目を支える力が弱くなる

目頭切開を行うと、蒙古ひだと一緒に眼のまわりの皮膚を支える眼輪筋の一部も一緒に切除されてしまいます。すると目を支える力が弱まってしまい、加齢とともに目元の皮膚がたるんで、しわが寄りやすくなってしまうのです。

目頭切開で老け顔にならないための対策2つ

老け顔にならないための対策を2つ紹介します。

対策1.信頼できるクリニックを選ぶ

目頭切開で失敗しないためには、豊富な知識と技術力を備えたクリニックを選ぶことが重要なポイントとなります。

目頭切開を行うにあたり、医師やスタッフによるカウンセリングが行われますが、患者さんは素人なので「とにかく大きくして」、「めいっぱい切開して」など希望する人もいます。その要望を鵜呑みにして施術すると、切開しすぎて老け顔になってしまう可能性が高くなるのです。

知識や経験が豊富な医師であれば、顔や目のバランスを考慮しつつ最適な施術方法を提案してくれるので、信頼できるクリニックを選ぶことが老け顔にならないための一番のポイントと言えるでしょう。

対策2.眼輪筋を鍛える

目頭切開をすると眼輪筋が少なくなって目元がたるみやすくなるので、日頃から眼輪筋を鍛えるトレーニングを行いましょう。

やり方は2つあります。まず1つ目は目の下の筋肉を鍛える方法です。

1.上方向に顔を向ける

2.下まぶたを引き上げるようにして目を細める

3.目をしっかり開く

この動作を数回繰り返します。

2つ目は目の横の筋肉を鍛える方法です。

1.舌を少し出して軽く噛む

2.右、左、右と交互にウインクをする

舌を噛むのは、頬の筋肉でまぶたを押し上げないようにするためです。このトレーニングをそれぞれ30回ずつ、できれば毎日行うと目頭切開による目元のしわ、たるみを予防することができるでしょう。

目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!