失敗したらどうなるの?

目頭切開に関わらず、どんな手術でも身体にメスを入れるのは失敗がコワイものです。ここでは失敗例や、その後の修正はどうしたらよいかについて解説しています。

目頭切開で失敗する可能性は?

疑問結論から言うと、たくさんの体験談を調べてみた結果、ほかの整形術に比べて、失敗のリスクは低いと感じました。手術の範囲が狭く小さいだけあって、手術の失敗による後遺症など、二次的な症状はあまり心配しなくてもよいと思います。

ただ、「結果に満足ができなかった」ということは少なからずあるようです。

目頭切開の失敗例

目頭切開は、多くの美容整形術と同様、入念なカウンセリングを行い、完成のイメージをデザインしてから行います。

しかし、シミュレーションやカウンセリングが不十分だったために、次のような失敗事例があるようです。その声を集めてみると…。

目頭側だけ二重のラインが強く、とても不自然。

目頭部分を必要以上に切ってしまうことで起きる失敗例の一つです。眉毛に近いところで無理に二重ラインを作ろうとするあまり、目頭を切開しすぎてしまうと必要な蒙古襞や皮膚が失われてしまい、不自然な目元になってしまう恐れがあります。目頭切開は数ミリ単位で行われる施術のため、施術前は医師にしっかりと希望するイメージを伝え、かつ入念にシミュレーションを行うことが大切です。一度切除してしまった皮膚や蒙古襞は修正術によって元に戻すことも可能ですが、そうなる前に失敗を防ぐためにもきちんと医師と相談してから受けるようにしましょう。

目が大きくなったが、目と目が近寄って見えてバランスの悪い顔になった。

目頭を切りすぎてしまった結果、目と目が近寄りすぎて顔のバランスを崩してしまう事例は数多く存在します。原因の多くは医師とのカウンセリング不足やシミュレーション不足によるものですが、なかでも目を大きくすることだけを意識してしまった人に起こりがちな失敗例です。理想的な目と目の間隔は30㎜~34㎜と言われています。それ以上になると離れ目の印象になりますし、それ以下だと逆に目と目の間隔が近い印象を与えてしまいます。そうならないためにも事前にしっかり医師と相談し、全体のバランスを決めたうえで手術を受けましょう。

かわいい丸い目にしたかったのに切れ長の大人っぽい目になってしまった。

目頭に蒙古襞があると目が丸く見え幼くかわいらしい印象を与えますが、逆に蒙古襞がない場合はキリっとした大人っぽい印象の目元になります。また、比較的丸い目の人は末広型の二重ができやすく、大人っぽい切れ長の目の人には平行型の二重ができやすいです。つまり、目頭切開によって蒙古襞を切除してしまうと必然的に目元は切れ長になるため、丸い目にしたい場合は蒙古襞を残しながら末広型の二重を作るのがおすすめ。施術前に希望する目の形やイメージを伝え、しっかりとシミュレーションを行うようにしてください。

涙丘のピンク色の部分が見えすぎていて怖い。

涙丘とは、目頭の内側にあるピンクや赤っぽい色をした部分のこと。西洋人の目は比較的この涙丘が見える傾向にありますが、日本人の目は涙丘が蒙古襞に覆われており、キレイに隠れているのが特徴的です。しかし、目頭を必要以上に切除してしまうと涙丘が見えすぎてしまい、目元の印象がきつくなってしまうので注意しましょう。涙丘をなくすことは出来ないので、もしそうなってしまった場合は修正手術を受けて目頭を元の状態に戻す必要があります。

腫れぼったい一重がほとんど改善されていない。

この問題も医師との相談不足によって生じる失敗例の一つです。腫れぼったい一重まぶたを改善したい場合は、目頭切開だけではなかなか改善が難しいため、目元の印象を変えられる目頭切開と他の施術法を組み合わせる必要があります。具体的には、まぶたを重くする原因である皮下脂肪を除去する「脂肪除去」やくっきり二重が作れる二重埋没法や二重切開法などと組み合わせるのがおすすめ。ただし他の施術との併用になるので、医師との事前相談やシミュレーションがより重要となります。

目は大きくなった気がするけれど、二重になっていない。

目頭切開は目の横幅を長くするため、必然的に目元は大きくなります。しかし、目頭切開はあくまでも「目元を大きくしたい」「離れ目を改善したい」といった悩みを持つ方におすすめの施術法なので、目頭切開をしたからといって一重まぶたが二重になるわけではありません。目を大きくさらにくっきりとした二重まぶたを希望する方は、目頭切開に加えて二重埋没法や二重切開といった施術法と組み合わせることで理想の目元を手に入れることができるでしょう。

などなど。手術自体は成功したけれど、切りすぎたり切足りなかったりという例がほとんどでした。こうした失敗例を防ぐためには、やはり医師とのカウンセリングが重要です。

やはり失敗を未然に防ぐには、実際に執刀する医師がカウンセリングからかかわってくれるクリニックを選ぶことをオススメします。

残念ながら、患者数を増やすために、施術を効率化しようとしているクリニックがあるのも事実です。

カウンセリングや施術がマニュアルどおりでしかなく、ひととおりのデザインをすべての患者に適応している場合もあるでしょう。それを見極めなくてはなりません。

失敗しないためには腕の
良いドクターにお願いするのが一番!

目頭切開はわずか数ミリ切開するだけで目元の印象を大きく変える効果がある反面、非常に繊細な技術が求められる手術です。失敗しないためには、当然ながら腕の良いドクターに診てもらうことが重要。

事前のカウンセリングとシミュレーションが重要であることはもちろんのこと、希望するイメージを実現できる技術も持ち合わせている必要があります。

どんなに希望するイメージを伝えても、担当するドクターがそれを形にできなければ意味がありません。そのため目頭切開を行う際は、クリニックで選ぶのではなく担当するドクターに注目して選ぶことが大切です。

腕の良いドクターかどうかを見極める際は以下のポイントに注目してみてください。

  • カウンセリングに力をいれているか
  • 一人ひとりに合った施術法を提案してくれるか
  • 確かな経験を積んでいるか
  • カウンセリングから手術までを一貫して診てくれるか
  • 実際施術を受けた人からの評価は高いか

目頭切開で失敗しないためにも、これらの条件を満たした技術力のあるドクターのもとで施術を受けるようにしましょう。

目頭切開に失敗した場合の修正例

目頭を切り足りなかったという場合は、比較的簡単に修正ができます。前回の手術からしばらく時間をおいて、もう一度目頭切開を受ければいいのです。

問題は、切りすぎてしまったときです。蒙古ひだ再生手術という手法がおもに用いられ、自分の目の周りの皮膚を使って行います。

ただし、この目頭切開修正手術には医師にかなりの技術力が要求され、この手術に特に長けているクリニックを探さなくてはなりません。

また、もし初回の手術で皮膚を切り取りすぎてしまっている場合は、そもそも修正ができない、と断られてしまうこともあります。

目頭周辺部分以外の皮膚を使うなどする方法もありますが、患者にかかる負担はかなり大きくなりますし、そうした技術を持った医師も限られています。

施術を受けるときにネガティブなことばかり考えたくはありませんから、失敗のことを聞くのは気が引けてしまうかたもいるでしょう。私の経験上、そうした話題に触れたがらないクリニックもありました。

けれども、カウンセリングの時に心配ごとにもきちんと向き合い、対応してくれるクリニックを選ぶことが、失敗しないためにはなにより大切なのです。

目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!