失敗したらどうなるの?

目頭切開に関わらず、どんな手術でも身体にメスを入れるのは失敗がコワイものです。ここでは失敗例や、その後の修正はどうしたらよいかについて解説しています。

目頭切開で失敗する可能性は?

疑問結論から言うと、たくさんの体験談を調べてみた結果、ほかの整形術に比べて、失敗のリスクは低いと感じました。手術の範囲が狭く小さいだけあって、手術の失敗による後遺症など、二次的な症状はあまり心配しなくてもよいと思います。

ただ、「結果に満足ができなかった」ということは少なからずあるようです。

目頭切開の失敗例

目頭切開は、多くの美容整形術と同様、入念なカウンセリングを行い、完成のイメージをデザインしてから行います。

しかし、シミュレーションやカウンセリングが不十分だったために、次のような失敗事例があるようです。その声を集めてみると…。

  • 目頭側だけ二重のラインが強く、とても不自然。
  • 目が大きくなったが、目と目が近寄って見えてバランスの悪い顔になった。
  • かわいい丸い目にしたかったのに切れ長の大人っぽい目になってしまった。
  • 涙丘のピンク色の部分が見えすぎていて怖い。
  • 腫れぼったい一重がほとんど改善されていない。
  • 目は大きくなった気がするけれど、二重になっていない。

などなど。手術自体は成功したけれど、切りすぎたり切足りなかったりという例がほとんどでした。

こうした失敗例を防ぐためには、やはり医師とのカウンセリングが重要です。

やはり失敗を未然に防ぐには、実際に執刀する医師がカウンセリングからかかわってくれるクリニックを選ぶことをオススメします。

残念ながら、患者数を増やすために、施術を効率化しようとしているクリニックがあるのも事実です。

カウンセリングや施術がマニュアルどおりでしかなく、ひととおりのデザインをすべての患者に適応している場合もあるでしょう。それを見極めなくてはなりません。

目頭切開に失敗した場合の修正例

目頭を切り足りなかったという場合は、比較的簡単に修正ができます。前回の手術からしばらく時間をおいて、もう一度目頭切開を受ければいいのです。

問題は、切りすぎてしまったときです。蒙古ひだ再生手術という手法がおもに用いられ、自分の目の周りの皮膚を使って行います。

ただし、この目頭切開修正手術には医師にかなりの技術力が要求され、この手術に特に長けているクリニックを探さなくてはなりません。

また、もし初回の手術で皮膚を切り取りすぎてしまっている場合は、そもそも修正ができない、と断られてしまうこともあります。

目頭周辺部分以外の皮膚を使うなどする方法もありますが、患者にかかる負担はかなり大きくなりますし、そうした技術を持った医師も限られています。

施術を受けるときにネガティブなことばかり考えたくはありませんから、失敗のことを聞くのは気が引けてしまうかたもいるでしょう。私の経験上、そうした話題に触れたがらないクリニックもありました。

けれども、カウンセリングの時に心配ごとにもきちんと向き合い、対応してくれるクリニックを選ぶことが、失敗しないためにはなにより大切なのです。

目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!