いくらくらいかかるの?

施術を受けるときに、やっぱり一番気になるのは費用の話。ここでは目頭切開手術にかかる費用について調査しています。

目頭切開の費用とは

疑問目頭切開は手術方法がさまざまで、片目だけの施術や、修正手術、そのほかの施術との組み合わせなどがありますが、相場は「両目」で20万円~30万円くらいです。

片目の手術だけだとその半分の10万円~15万円くらい。

ちなみに目頭切開の修正についてはケースによって大きな開きがありますが、最低30万円からと、多くのクリニックで、目頭切開の費用よりも高めです。

最低価格を調べてみたところ、激安価格で両目5万円程度、というクリニックもありましたが…。症例がたくさんあり、患者さんからの支持を受けているクリニックというのは、だいたい上記の価格が相場でした。

ちなみに、日本よりも美容整形が盛んな韓国の目頭切開は人気で、より安価な施術を求めて渡航を考える方も少なからずいらっしゃるようでした。

そんなに安いのかと気になって調べてみたところ、信頼が厚いとされる大手クリニックでは両目10万円から15万円程度が相場という印象。やはり安いですが、交通費などを考えると結局負担は同じくらいでしょうか。

目頭切開は少しの施術で顔の印象を大きく変えるだけでなく、かなりの技術力が求められる施術です。

失敗した場合は修正も難しいですし、ダウンタイムの間のカウンセリングのこともあります。この程度の価格差しかないのであれば、個人的には、少しくらい高くても日本で名医を探して施術したいな…と思います。

施術に含まれる費用と追加料金など

目頭切開の料金の内訳は、必ず確認してください。

施術が完了するまでの間、カウンセリング、デザインやシミュレーション、麻酔、施術、アフターケアなど、さまざまな経過をたどります。

経験豊かで患者さんの支持も厚いクリニックでは、それらが適正価格で提示され、運営しているはずです。

事前に説明されていない追加料金がそのたびに加算されていくことがないように、見極めてください。

追加料金が発生する場合

追加料金で気にすべき重要なことは、多くのクリニックで、麻酔に関して追加料金が発生する場合が多い点です(もちろん事前に案内があるはずです)。

目頭切開では、ほとんどが局所麻酔を用いて行われます。局所麻酔でも痛みはありませんが、施術の最中に感覚が残るため、「触られているのがわかって怖い」といった体験談もありました。

痛みが不安な患者さんのために、多くのクリニックでは静脈麻酔をはじめとする、さまざまな麻酔方法が追加できるようになっています。

例えば眠った状態で施術ができる静脈麻酔を追加すると、2万円~5万円の追加費用がかかります。

また、目頭切開の修正の場合、他院の施術を修正する場合は、5000円程度の診察料がかかることがあります。

いずれにしても、カウンセリングを受けた際に、どのくらいの費用がかかるのかは、しっかりと確認するようにしてくださいね。

費用が安すぎる目頭切開のクリニックで注意すべきポイント4つ

1.カウンセリングの時間をしっかり取ってくれるか

カウンセリングに時間をかけて丁寧に行ってくれるクリニックは、信頼できる良いクリニックであることが多いです。

目頭切開手術には、メリットもデメリットも存在します。

そのため、カウンセリング時には、時間をかけて、丁寧に分かりやすく、手術の流れや術後に起こる可能性がある症状を説明してくれて、もし、その症状がでた場合の対処方法も事細かく伝えてくれるクリニックが信頼できると言えるでしょう。

反対に専門用語などを多用して、わかりにくく、こちらの疑問や不安を聞いてくれないクリニックは信頼できません。

より安心して手術を任せられるクリニックを選ぶには、1つのクリニックだけ訪れて決めてしまうのではなく、いろいろなクリニックのカウンセリングを受けて、比較してみるのもよいでしょう。

2.目頭切開では再手術は必要ない

美容外科の宣伝では、「リピート率が高い」といった文言を使用していることが多々あります。

しかし、目頭切開の場合には手術が問題なく成功すれば、数年は来院の必要がありません。

もし、クリニックを気に入り、他の箇所を施術したくなり来院するのは別ですが、目頭切開手術においてリピートするということは何度も手直しが必要ということになり、確かな技術で手術が行われなかったと言えるでしょう。

そのため、「リピート率」にこだわったクリニックは、必ずしも正しい選択とはいえません。

3.過剰な広告を出しているクリニックは要注意

「腫れない」、「痛みがない」、「傷痕が残らない」など、患者さんにとって魅力的な文言を並べた広告を打ち出しているクリニックは多いですよね。

しかし、目元の手術を行った場合、「絶対に腫れない」ということは一般的にはないでしょう。

腫れが少ない施術を行っているクリニックも多くありますが、腫れが少ないのであって、まったく腫れないということではありません。

とくに、目元はデリケートな部位なので、ちょっとした施術でも腫れることはあります。

また、目頭切開はメスを入れる手術のため、麻酔をかけますが、麻酔の効果が切れた後に多少の痛みを感じることもあり、傷跡も目立たないにせよ多少の傷跡が残ってしまう可能性は高いのです。

「腫れない」、「痛みがない」、「傷痕が残らない」など、都合のよい文言が目立つようなクリニックは、注意した方がよいクリニックとも言えるでしょう。

4.守秘義務を守れているか

「芸能人御用達」と広告を出すクリニックもありますが、芸能人であっても美容整形をしたということは隠しておきたい人は多くいらっしゃいます。

そのため、「芸能人がたくさん来ている」と公表してしまうのは、守秘義務違反をしているのと近いのです。

しかし、芸能人が本当にそのクリニックを選んで来院しているとは限らないということにも注意しなければなりません。

最近では、クリニック側が宣伝のために、知り合いの芸能人にお金を支払って施術を受けてもらっていることもあるからです。

確かな技術を持つクリニックであれば、口コミなどでその技術の高さなどは広がっていくことが多く、「芸能人御用達」などの文言に安易に飛びついてしまうのは危険な行為とも言えるでしょう。

まとめ

できるだけ安い料金で手術を受けたいという気持ちはとてもよくわかりますが、費用面を優先してクリニックを選んでしまうのは考えもの。

費用の安さに惹かれ、例えば韓国で目頭切開を受けたとしても、交通費や宿泊費を入れると日本と変わらない値段がかかることとなります。

それでも、海外旅行も兼ねて韓国で目頭切開を受けたとしても、もしもその1~2度の通院だけでは済まないとしたら……?

どんな小さな手術でも、切開をする限りは感染症のリスクはゼロではありません。また、万一失敗したときには修正が必要になります。今後通院が必要になる可能性などもあるため、やはり国内のクリニックでの手術がおすすめです。

また、海外で手術を受けるとカウンセリングの際に言葉の壁などで意思疎通が上手くいかないということも考えられます。目元というデリケートな部分の手術ですから、多少費用はかかっても、こちらの細かなニュアンスもくみ取ってくれる日本の名医に相談するのが良いでしょう。

目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!