目頭切開の傷を隠す!メイクアップ方法

目頭切開後の傷跡をメイクで隠す方法

目頭切開のダウンタイム中の傷跡はメイクで隠し、目立たなくすることができます。また、メイクによって傷跡を隠すばかりでなく、目頭切開の施術を受けたこと自体も周囲にバレないようにできちゃいます!

メイクの仕方さえ覚えれば、そのやり方は意外と簡単。傷跡を隠すメイクも、施術を受けたことをバレにくくする"目頭切開風"メイクも、どの化粧品を選ぶかが成功のカギを握ります。と言っても特別な化粧品を使うわけではないので、皆さんもぜひ実践してみてくださいね!

傷跡のカバーメイクの仕方

目頭切開後の傷跡をメイクで隠す方法をご紹介します。

①化粧水

傷を隠したい部分に化粧水を塗り、肌を整えます。こうすることで、ファンデーションのノリが良くなります。

②クリームファンデーション

一般的にリキッドファンデーションよりもクリームファンデーションのほうが、カバー力が高いと言われています。

化粧水を塗ったら、隠したい傷の上からカバー力の強いクリームファンデーションを塗ります。それでもカバーしきれないときには厚めに塗って、スポンジで肌になじませるようにすると傷跡を綺麗に隠すことができます。

③ルースパウダー

クリームファンデーションを塗ったら、その上からブラシを使ってルースパウダーをしっかりとはたいてファンデーションを肌に定着させます。

④パウダーファンデーション

パウダーファンデーションをなじませたスポンジを肌にのせ、仕上げをしていきます。さらにルースパウダーを上からはたくと、肌によくなじみます。

⑤ハイライト

ハイライトにはパール感のあるものを使用します。ブラシに取って、傷跡の上に軽く乗せるようにして置いていきます。

――いかがでしたでしょうか。もしも傷跡が少し腫れたり盛り上がったりしているような場合は、このメイク法でも隠しきれないことがあります。

そんなときは化粧水を塗ったあとに医療テープを貼ってみてください。

医療テープはドラッグストアや薬局でも販売されているもので、テープと言ってもごく薄いために貼っていてもほとんど目立ちません。

前もって“目頭切開風メイク”をしておくことでバレない!

目頭切開を受けたあと急に目元が綺麗になったり、傷跡を隠すためにいつもと違ったメイクをしたりすると、周囲の人から注目を浴びてしまうことがあります。

そこでおすすめなのが、目頭切開を受ける前から"目頭切開風メイク"を行って、ほかの人の目を慣らしておくこと!こうすることで施術を受けたこと自体も、傷跡もバレにくくなります。

また、目頭切開風メイクをすることで実際に施術を受けたあとの顔をイメージできたり、コンプレックスそのものを隠せたりというメリットもあります。

目頭切開風メイクのやり方をご紹介します。

  1. 黒色など濃いめのリキッドアイライナーで目頭の涙丘(露出しているピンク色の肉部分)の上まぶたあたりにラインを入れていきます。
  2. 末広型の二重の場合は、二重のラインが始まるところからさらに蒙古ひだの上にもリキッドアイライナーで目頭切開風のアイラインを描いていきます。目頭を少し尖らせるようなイメージで描くのがコツです。
  3. リキッドアイライナーで目頭を描いたら、アイシャドーなどで境目をぼかします。濃いめのアイシャドーがよく合います。
  4. 目頭にハイライトを入れます。目頭部分を明るくすることで輝きが増すだけでなく、自然な見た目になります。
目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!