魅惑の目元を手に入れる!目頭切開の名医ガイド » 目頭切開とは?知っておきたい基礎知識 » 目頭切開の効果とは!? メリットだけでなくデメリットも紹介

目頭切開の効果とは!? メリットだけでなくデメリットも紹介

目頭切開を行うことで具体的にどのような効果が目元に現れるのか、「切れ長の目」や「平行型二重」の実現と、「離れ目」の改善などを詳しく紹介。また、メリットだけでなくデメリットについても解説しています。

目頭切開の効果とメリット

目頭切開と聞いて目を大きくする施術だとはわかっても、どの程度大きくなるのか、そのほかのメリットは何があるのか、具体的には知らないという方が多いのではないでしょうか。

目頭切開とは正確には目頭にある蒙古ひだを切開する手術で、これにより一重が二重になるなどさまざまな悩みの解消が期待できます。

また、目頭切開はメリットの多い施術ではありますが、その一方でデメリットも存在しています。メリットだけでなくデメリットもしっかりと把握しておきましょう。

切れ長の目になれる!

あまりにも目が切れ長すぎるとキツネ顔のきついイメージになってしまいますが、程良く切れ長である場合は美人顔の印象を与えます。

目が細いと言うよりは、目が縦方向に大きく、かつ横方向にも長いというのが切れ長の目の特徴。

そんな切れ長の目は目頭切開でも形成が可能です。目頭切開をすることにより目を中央の位置に寄せつつ、シャープな大きい目にすることができます。

具体的には施術によって蒙古ひだを切開し、目の横幅を広げてひと回り大きな切れ長の目にします。目が内側に寄ることによって、その分目の横幅も広がり、さらに目と目の間のバランスが整います。

また、白目部分が広がることで黒目がくっきりと強調されるという効果も得られます。

平行型の二重になれる!

モデルやタレントのように華やかな目元をしている人は、ぱっちりとした平行型二重であることが多いものです。平行型二重とは二重まぶたが蒙古ひだとつながっておらず、その上にラインが入っている状態を言います。アイラインと平行に二重が走っていることから平行型二重と呼ばれています。

目頭切開をすると蒙古ひだを切開することにより、この目頭の二重のスタート位置が変わり、平行型二重を形成することができます。

ただし、目頭切開をすれば誰でも必ず平行型二重が手に入れられるというわけではありません。目頭切開をし過ぎると逆に不自然な目元になってしまうからです。

目頭切開で平行型二重を実現させたい場合は、同時に二重手術が必要となることもあります。

離れ目を解消できる!

もともと目が離れていることに悩んでいる方には目頭切開はとても有効な施術です。

一般的に目と目の間のちょうど良い距離は、片目の横幅と同じの長さであると言われています。

たとえ小顔の人であっても、目と目の間がこれよりも離れていると離れ目に見られがち。それだけ目と目の間の距離は、顔全体にとっても重要なバランスポイントであるということです。

目頭切開手術では、不自然にならない程度に目頭を切開し、目を大きくするだけでなく、目と目の間の距離をわずかに縮めてバランスの良い配置に変えることができます。

人によってはこの施術によって一重が二重になったり、末広型二重が平行型二重になったりすることも。悩みが解消されるだけでなく、ぱっちりとした目元を同時に手に入れられるのが魅力です。

大人っぽくできる!

蒙古ひだが強く張っている人は、子供っぽい顔に見られがち。それが若々しさや童顔なイメージにつながればいいですが、その子供っぽさから「素朴」である印象も持たれてしまうことがあります。

そもそも、蒙古ひだが張っているとなぜ子供っぽい顔に見られてしまうかと言うと、それが子供の顔の特徴の1つだから。また、目の面積に対して黒目の部分が大きい(目頭側の白目の部分が蒙古ひだで隠れている)というのも子供っぽさを助長させます。

こうした子供っぽい顔の人が目頭切開をすることで、大人っぽい目元へと変われます。目頭切開をし、蒙古ひだを取り除くことで目頭側の白目部分の面積が増え、目と目の間もバランス良く変化し、さらには目全体を大きく見せることができます。

目頭切開のデメリット

目頭切開は目を大きくしたり、華のある平行型二重を手に入れられたりとメリットの多い施術。その一方で、肌を切開することから、いくつかのデメリットも存在しています。施術はメリットだけでなくデメリットもしっかりと理解した上で受けましょう。

まず目頭切開のデメリットとして挙げられるのが感染症のリスクです。目頭切開ではメスを入れる部分が非常に狭いのですが、皮膚を切るからにはほかの手術同様に少なからず感染症のリスクが存在します。そのため多くのクリニックでは目頭切開後に最低限の抗生剤を処方しています。

さらに目頭切開のデメリットとして挙げられるのが修正の難しさです。目頭切開の術法の1つであるZ法の場合は、皮膚を切除することなく目頭を作るため比較的に修正しやすいと言われています。

しかし、これがW法を用いた場合だと皮膚は切り取られてしまうので、施術前と同じ状態にするの困難となります。こうなると蒙古ひだを再生させる手術を新たに受けるしかありません。

現在では目頭切開の修正に多くのクリニックで「逆Z法」が用いられていますが、これはZ法と逆の手順で新たに蒙古ひだを作る施術。修正は、目頭切開をした際の手術費用よりも高くなる傾向があります。

目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!