目頭切開を元に戻すためには?

目頭切開は切開箇所の小さな手術ではありますが、メスを入れるため全くリスクがないわけではありません。ときには切り過ぎたり、傷跡が残ったりというケースの報告もあります。そんな場合の目頭切開の修正について説明します。

目頭修正とは

疑問目頭切開をし過ぎた場合やその逆にもっと切りたい場合、平行型二重を末広型に戻したい場合や傷跡が目立つ場合は目頭修正をすることができます。

ただし、目頭修正はより難しい手術となるため、よく考えて、慎重に行う必要があります。

目頭切開の修正方法

目頭をさらに切りたいときの修正

目頭切開をしたものの自分が予想していたよりも効果を得られなかった場合、再手術によってさらに目頭を切り足すことができます。

このとき、1度目の手術のあと少なくとも3か月以上は開けたほうが傷への負担が少なくて済みます。

目頭を切り過ぎたときの修正

目頭を切り過ぎてしまった場合の修正は決して簡単ではありません。

皮膚を切除しないZ法で目頭切開した場合は、1度目の手術と逆のことを行う「逆Z法」によって元の状態に戻すことができます。

一方、皮膚を切り取ってしまうW法を用いた場合の修正は、Z法のときよりもさらに難しくなります。

こちらも逆Z法などで修正できますが、医師にはかなりの技術力が求められます。

目頭切開の傷跡が目立つときの修正

目頭の傷跡はメスで切って修正するのが難しい部位。そのためほとんどの場合、注射やレーザーによって修正が行われますが、効果的にはある程度の限度があります。

Z法・W法・V法の修正方法

Z法

Z法の修正には、ほとんどのケースで逆Z法による蒙古ひだの形成が行われます。

具体的には、切開予定ラインに沿って皮膚を切開し、剥離した皮膚を折りたたんで目頭のピンク色の肉(涙丘)を隠すようにして縫合します。

こうして新たに蒙古ひだを形成することで、切り過ぎたり、傷跡が目立っている部分を修正します。

逆Z法による蒙古ひだは、下まぶたの端を覆うようにして作られるため立体感が出ます。

これにより下まぶたの皮膚が引っ張られることもないので目頭は丸くならず三角形になります。

ただ、逆Z法で修正する場合、目頭を何mm隠すかは実際に手術をしてみないことには調整が難しいと言われています。

全ては医師の技術力にかかっているとも言えるでしょう。

W法

W法(内田法)は医師がその患者の目頭に適応するかどうかをしっかりと見極め、かつ正確な施術を行わないと涙丘が丸く大きく露出して、不自然な形状になる場合があります。

さらにW法によって傷跡が残ってしまうこともあるため、技術力の高い医師による施術が望ましい方法。

同様に修正においても高い技術力が求められることになります。

W法で涙丘が不自然に大きく露出してしまった場合、患者の目元はかなりきつい印象になります。

修正の際はW法でも逆Z法が用いられ、切除された蒙古ひだを再び形成し、自然で優しい目元になるように再手術を行います。

再手術後、腫れは1週間ほどで治まり、3週間も経てば傷跡はしだいに目立たなくなっていきます。

V法

V法は蒙古ひだを水平に切開し、余分な皮膚を切除し縫合することで目頭を切開する施術方法。

傷跡はVの字型に、目頭そのものは丸い形になるのが特徴です。

このV法を用いると蒙古ひだを完全になくし、涙丘をほとんど露出させることができますが、その一方で細かい調整ができず、傷跡が目立ちやすいというデメリットもあります。

皮膚を切除する術式であるため、修正する場合は蒙古ひだを再び形成する逆Z法やVY法が適用されます。

VY法は目頭部分をV字型にカットし、上まぶたと下まぶたの先端に届くようにY字型に縫合する施術。

逆Z法とは異なり蒙古ひだが平面的に、目頭は丸みを帯びたデザインとなります。

しかし、こうした術式を用いてある程度までは修正できても、完全に元に戻せないケースもあります。

目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!