魅惑の目元を手に入れる!目頭切開の名医ガイド » 目頭切開とは?知っておきたい基礎知識 » 軽度から重度まで、目頭切開のリスクと副作用を解説

軽度から重度まで、目頭切開のリスクと副作用を解説

目頭切開は大きな瞳や平行二重を手に入れられる魅力的な手術ですが、メスで皮膚を切開することからリスクや副作用も併せ持っています。プラスな面だけでなくマイナスな面もきちんと理解してから手術にのぞみましょう。

手術の前に知っておくべきリスクや副作用

目頭切開は目元にメスを入れる繊細さが求められる手術。顔の印象に関わることなので数mmの差で違和感を覚えたり、大きな手術同様にリスクや副作用も潜んでいます。

実際に目頭切開を受ける場合は、こうした副作用やリスクについても知識に入れておくことで、事前に行われるカウンセリングがいかに大切であるかが理解できます。

軽度なものから重度のものまで、目頭切開のリスクと副作用について、その程度の差をご紹介します。

軽度のリスク・副作用

内出血

目頭切開の手術では目頭にメスを入れて切開し、その後に縫合します。そのためダウンタイムには個人差はあれど、ほとんどの場合で内出血が見られます。

軽ければ7日程経ち抜糸する頃になれば大半の内出血は消えるので大丈夫。仮に強めの内出血が起こった場合でも半月程度で消えていきます。

内出血が起こったとしても抜糸した次の日からはアイメイクも可能になるので、ある程度であればファンデーションやコンシーラーでカバーすることができます。

目頭切開の効果が薄い

目頭切開は1mm単位の微細な手術であるにも関わらず、顔の印象を大きく変える効果があります。そのため手術は慎重に行われるのですが、ときとして目頭を切り足りなかったり、手術後にはっきりとした違いがわからないといった場合も出てきます。

目頭を切り足りなかったときには再度手術して修正を行うこともできます。しかし、手術後すぐというわけではなく、3か月程は間を開けなくてはなりません。

中程度のリスク・副作用

目頭の切り過ぎ

医師の技術力や患者の要望、目頭の状態などによって、ときとして目頭を切り過ぎてしまうケースがあります。

例えば、手術後に目と目が寄り過ぎたり、目頭の形が不自然になったり、見た目がきつい印象に変わった場合などは目頭を切り過ぎたことで起こります。

目頭切開は非常にデリケートな手術であるため。抜糸が終わり腫れが引いたとき、鏡を見て満足するか違和感を覚えるかは、事前のカウンセリングやシミュレーション次第。そこでしっかりと医師と相談し、術後の目頭のイメージを把握しておかなくては後悔することになります。

目頭を切り過ぎた場合の修正方法は、目頭を切り足りない場合よりも難しく、やはり最初の手術から数えて3か月後ほど経たないと再度行うことはできません。

修正するときには再度目頭を切って、蒙古ひだを戻す手術が行われます。このとき、多くの場合は「逆Z法」と言うZ法とは逆になる術式が採用されることがほとんどです。

重度のリスク・副作用

傷跡が残ることも

Z法やW法、さらにはリドレープ法などで目頭切開を行えば、基本手術後に傷が気になるということはまずありません。しかし、人によっては皮膚の一部が盛り上がってしまったり、赤味がずっと残ってしまうケースも見られます。こうしたケースは手術で修正することは困難であることが多く、レーザー治療でケアしなければなりません。レーザー治療によって傷跡は完全に消えることはありませんが目立たなくなります。

感染症

目頭切開は非常に小さな手術ですが、メスで皮膚を切るという作業を行うため稀ですが感染症のリスクがあります。これは目頭切開に限らず、どんな手術であっても伴うリスクです。もちろん、どの病院やクリニックでも徹底した衛生が心掛けられており、感染症のリスクはかなり低く抑えられているものですが、全くゼロになることはありません。万一、感染が起こった際は抗生剤を用いた治療や、化膿した部分を切開して感染源を摘出するなどの処置が必要となります。

目頭切開のリスクや副作用を回避するために

目頭切開のリスクや副作用の中でも、傷跡や感染症、そして手術の失敗といった重度のものは、しっかりとしたテクニックを持っている医師が担当すればめったに起こることはありません。

そういった意味でも目頭切開のようなデリケートな手術を依頼するなら、医師選びがとても重要となります。できることなら名医と呼ばれるドクターや、手術に定評のある医師を選ぶようにしましょう。

軽度・中度のリスクや副作用であれば、内出血などはたとえ起こったとしても自然と消える場合がほとんどです。内出血か、あとあと残る傷跡なのかは慌てずに、経過を見て判断しましょう。

また、起こる可能性のある目頭切開の副作用やリスクについて、手術前のカウンセリングで充分に医師と話し合っておくことも大切になります。

目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!