ほかの目の手術と一緒に受けられる?

目頭切開だけでは思ったような目にならない…。そんな場合に、たとえば二重施術など、ほかの目の施術と組み合わせることが可能なのかを調査しています。

「二重整形&目頭切開」など同時にできる目の手術

疑問せっかくダウンタイムをとるのであれば、ふたつの手術を一緒に受けてしまおうという患者さんは多いそうで、ネットでもよく質問を見かけました。

結論からいうと、基本的に目の手術は同時に受けることが可能です。

二重手術と目頭切開は同時に行うべき?

目頭切開とは、簡単にいうと蒙古ひだを取り除き、目頭を露出させる手術です。それによって目が大きくなりますが、美しい目の条件は、大きいということだけではありません。

また、かわいらしい顔になりたいのか、大人っぽい顔にしたいのかといった理想とする顔とのバランスも大切です。

目頭切開の手術では二重手術と同時に行うケースは多く、次のような組み合わせがあります。

二重埋没法

元に戻すこともできるプチ整形です。メスを使わず、特殊な糸を二重の線に沿ってあて、数ヶ所を留めて二重を作り出します。

目頭切開だけではつくるのが難しい、併行型の美しい二重を形成できます。

二重切開法

二重にしたい部分のひだを数ミリ切り取り、縫い合わせる方法です。二重埋没法で元に戻ってしまったひとでも、くっきりとした二重が作れます。

西洋人のようなはっきりとした二重になり、華やかな印象を与えます。お人形のような愛らしい目元をめざすこともできます。

※目頭切開法だけを行う場合のダウンタイムは1週間ほどですが、二重切開法を同時に行う場合に、2週間ほどのダウンタイムが必要になります。

目頭切開と同時に行えるそのほかの施術

目頭切開+二重手術のほかにも、理想とする顔の印象と合わせて知っておきたいのが、次の施術です。

たれ目形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術)

黒目の外側の下まぶた(下眼瞼)を下げて、丸いカーブをつけることで、タレ目の印象にすることができます。

目の横幅を広げる目頭切開では出しにくい、優しいやわらかい印象になります。白めの見える部分が広がるので、目を大きくみせる効果も大きいのが特徴です。

鼻のプチ整形

目と目の間を近づけるために目頭切開を行いたいという方に知ってほしいのが、実は鼻の整形です。

目と鼻のバランスは非常に重要で、目と鼻をそれぞれ少しずつ変えるだけで、顔の印象を大きく変えることができます。

目頭切開は、涙丘が露出しすぎない、不自然にならない程度の、ほんの数ミリの手術しか行えません。

また、美しい顔のバランスは目と目の間の幅=鼻の横幅、といわれており、目頭切開によって目を近づけることで、鼻が大きく見えてしまうということもあります。

目頭切開によっておきる、目と目の間のバランスの変化に合わせ、鼻筋を整形することで、しますので距離は近づいて見えます。

また、目だけではなく、鼻筋もすっと通った顔は、より華やかな印象になります。

目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!