どんなタイプのひとに向いているの?

目の整形を決意した女性たちは、そもそもなぜ目頭切開したいのでしょうか。ここでは、どんなタイプのひとに向く施術なのかを紹介しています。

なぜ目頭切開したいの?

疑問多くの女子が憧れるのは、大きな瞳が印象的な華やかな顔です。彼女たちの顔でもっとも印象的、かつ、私の目頭切開前の顔との大きな違いが“目”でした。

ただし、美しい顔の条件は、目だけではありません。大きな目は美人の絶対条件ではないのです。大切なのは、顔全体のバランスです。

美しいといわれる顔の、目・鼻・口の黄金比は日本人の場合、

  • 目は、目:右目と左目の間:目の横幅の比率が1:1:1であること
  • 鼻は、鼻の横幅が目の横幅にほぼ等しいこと
  • 口は、口の横幅が2つの目(黒目)の距離に等しいこと

そのバランスに近づくことが、美しい顔になる条件といえるそうです。

つまり、目頭切開は、その施術によって黄金比に近づける人に向いているということです。

目頭切開に向く人 or 向かない人

では、黄金比を考えながら、目頭切開に向く人と向かない人の特徴をまとめてみましょう。

目頭切開に向く人

左目と右目の間の幅が広い人

目と目の間が離れていると、幼い顔に見えることがあったり、また、蒙古ひだが厚いと釣り目のきつい印象に見えてしまいます。

目頭切開で目頭を露出させることで目の幅を大きくし、バランスを整えることができます。

目と目の間のバランスが良くなることで、鼻筋が通った印象になるという嬉しい“副作用”も。

西洋人のような平行二重にしたい人

ただし、蒙古ひだの厚い人や一重のきつい人は、末広型になってしまう場合もあるので、併せて二重埋没法などを行うこともあります。

目頭切開に向かない人

左目と右目の間の幅が狭い人(目の幅よりも狭い人)

目頭切開をすることで、目が寄りすぎて不自然な印象になってしまいます。

目を大きく見せたいのであれば、目尻切開など、ほかの整形術のほうが向いているかもしれません。

鼻の横幅が左目と右目の間の幅より広い人

目と目の間に比べて鼻の横幅が大きくなってしまうので、鼻が大きく見えてしまいます。

涙丘が露出している人

すでに目頭に赤く涙丘が露出している人は、目頭切開で不自然に涙丘が露出しすぎてしまう場合があります。

番外:ダウンタイムが取れない方も目頭切開には向きません

目頭切開手術をすると、当日はコンタクトレンズの装着は不可、シャワーや洗顔もできません。

抜糸までは1週間前後かかり、私はその間は眼帯やサングラスでカバーして過ごしました。術後はしばらく赤みが残り、カウンセリングも必要になります。

目頭切開の仕上がりはもちろんですが、ダウンタイムの期間の計画もふくめて、自分にとって目頭切開が本当に向いているのかどうかを医師に相談してみることをおすすめします。

目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!