魅惑の目元を手に入れる!目頭切開の名医ガイド » 魅力的な目になる目頭切開の治療法とは

免責事項

当サイトは東京エリアの目頭切開を行なっている医師・クリニックについてまとめています(2019年3月現在)。目頭切開の費用相場は約20~25万円前後ですが、施術や費用については各公式サイトで最新情報をご確認ください。

このサイトにおける名医表記はあくまで当サイトの定める定義(施術の種類・他院修正が可能か・美容整形の資格があるか)に該当した医院・医師に対するサイト上での呼称であり、各医師の実力を優位づけするものではありません。

魅力的な目になる目頭切開の治療法とは

目頭切開の手術の方法をピックアップし紹介しています。治療を受ける際には、ぜひ参考にしてみてください。

最適な目頭切開治療法を選ぶために

目頭切開

目頭切開の術式はひとつだけしかないわけではなく、希望する形に合わせたもの、よりきれいに仕上がるよう改善されたものなど、いくつかの手法が編み出されています。

また、さらに魅力をアップさせるために、ほかの目の施術と組み合わせて行うこともよくあります。

ここではいくつかの術式を紹介していますので、目頭切開の治療を考えている方はぜひご一読ください。

主な目頭切開手術3種を紹介

目元の形や蒙古ひだによって、最適な施術は違うもの。「目頭切開」と言っても、施術方法はたくさんあります。現在主流となっているのは、W法(内田法)・Z法・リドレープ法の3種類の施術です。現在の状態や理想の目元に合った施術を受けられるように、施術ごとの特徴をまとめました。クリニックによって出来る施術が分かれるので、事前に施術方法を確認してみてくださいね。

比較項目 傷の比較 メリットの違い デメリットの違い
W法
(内田式)
あまり目立たないがZ法に比べるとやや目立ちやすい 目の形を大きく変えることができ、顔の印象が華やかになる 目が大きくなるが目頭が丸い形になるので、人によっては似あわなかったり、不自然な印象になったりしてしまう可能性もある
Z法 あまり目立たない 自然な感じに仕上がるので目頭切開をしたことがわかりにくい 目頭の下部分に傷ができるので、その傷が消えるまでは目立ちやすく、気になる
リドレープ法 目立ちにくい 傷が目立ちにくい 目の下にしわができることがある。また、きれいな二重にはならず、顔の印象があまり変わらない(効果が実感できない)こともある。

W法(内田法)

W法(内田法)は目頭にある蒙古ひだをWの形に切開し、取り除く施術です。皮膚を切開して、Wの中心部である三角部分を目頭の奥に差し込んで縫います。施術後に目元が元に戻ったり、ひきつれを起こしたりする問題をクリアするため、直線ではなくW形に切り取るのが特徴。自然な目元に仕上げることができます。

従来の方法に比べて目の横幅を大きく変化させることができるため、外国人のような華やかな二重を作ることが可能です。大きくパッチリした目元を作れることから、人気が高まっています。

複雑な形に切開するため、万が一切りすぎてしまった場合は修正が難しく、担当医の技術力が必要です。腫れや内出血などダウンタイムも2週間と長いので、慎重に検討してから施術を受けましょう。

Z法

Z法は目頭を覆う蒙古ひだをZ型に切開し、目頭が見えるように縫い合わせる施術です。蒙古ひだを取り除いて縫い合わせるのはW法と同じですが、より先のとがった自然な目元に整えられるのが特徴。皮膚を切るラインがシンプルなので、傷が残りにくくシャープな印象になります。Z法で目頭切開を行なうと目の幅が広がるため、美人系のキリっとした目元を手に入れたい方におすすめの施術です。

術後7日間で抜糸ができ、2週間で腫れが引きます。早ければ、施術後1週間で腫れが引いた方も。個人差はありますが、切除する箇所が小さいため皮膚にかかる負担が少ない方法です。

リドレープ法

リドレープ法は皮膚の下を剥離して傷を目のふちに移動させ、縫い合わせる施術です。蒙古ひだで隠れた目頭のピンク部分が少しだけ見えるような控えめな目頭切開で、美容医療の先進国と言われる韓国で生み出されました。施術後は末広型の二重になるケースがほとんど。Z法、W法よりも傷跡が小さくあまり目立たないことから、自然な仕上がりになります。少しだけ目の幅を整えたいのであれば、リドレープ法で施術するのが良いでしょう。

しかし日本ではまだ新しい施術のためか、症例数も少なく熟達している医師も少ないのが現状です。料金の相場は30万円ほどと他の目頭切開施術よりも高めなので、口コミや症例をしっかりチェックしてクリニックを選ぶ必要があります。

そのほかの方法

前述の3つは、現在主流と言われる方法ですが、そのほかにどんな手術方法があるのかも調べてみました。

目頭切開修正法(蒙古ひだ形成法)

目頭切開法と合わせて知っておきたいのが、失敗したときのことです。そもそも修正ができるのかどうかが気になるところ…。

そこで、切りすぎた目頭を元に戻す蒙古ひだ形成といわれる修正術について調べてみました。

限られた名医でないと施術が難しく、すべての患者さんを完全に修正ができるわけではないといわれているため、蒙古ひだ形成で修正ができないのはどんな場合なのかもお伝えしていきます。

目頭切開と組み合わせて行う方法

目頭切開の手術は、単独で行われることもありますが、それ以外の目元の手術と組み合わせて行われるケースも多いです。

目頭切開では蒙古ひだを切除し、目と目の間隔を縮めたり目の横幅を広げたりする手術となります。従って、単独では希望する二重まぶたにならない可能性があります。

そのため、目頭切開を受けられる方の多くが、二重にする手術や目の縦幅を広げる手術などを同時に行っています。実際にそのような症例も多くみられます。

複数の手術を組み合わせることでデザインの自由度が上がり、目頭切開のデメリットをカバーすることも可能になります。

ここでは、目頭切開との組み合わせでよく行われる、目尻切開、二重切開、二重埋没法をはじめとした6つの手術方法をご紹介しています。

目尻切開

目尻切開はまぶたの目尻を切開し、目を外側に伸ばす手術です。 目尻の白目が隠れている人ほど目尻切開が適している傾向にあります。

目頭切開も目尻切開も目の横幅を広げる手術ですので、切れ長の目を希望する方に向いています。

二重切開

二重切開は二重にする手術のうち、メスを入れる方法となります。

目尻切開と二重切開、どちらが一方のみでは理想の二重にならないケースがあります。二つの手術を組み合わせることで、平行型の二重まぶたにすることが可能です。

二重埋没法

二重埋没法は二重にする手術のうち、メスを入れない方法となります。 医療用の糸をまぶたに留めるだけの手術となり、まぶたの腫れぼったさや蒙古ひだを取り除くことはできません。

しかし、目頭切開と同時に行うことで幅の広いすっきりとしたまぶたになることが期待できます。

涙袋形成

涙袋形成は下まぶたをふっくらとさせることで立体感や女性らしさを生む手術です。

涙袋ができることでやさしく愛らしい印象になりますが、目頭切開を組み合わせることで目力をアップさせたり、強さを加えたりすることが可能となります。

まぶたの脂肪除去

まぶたの脂肪除去は腫れぼったく厚ぼったいまぶたをすっきりさせる手術です。 まぶたの脂肪が原因で二重になりにくい方に向いています。

目頭切開と同時に行うことで、二重の邪魔になるものがなくなり、二重が形成されやすくなります。

眼瞼下垂

眼瞼下垂は目の開きを良くする手術です。

手術後に埋没法が後戻りしたり二重のラインが狭くなったりする可能性がありますが、目頭切開を同時に行うことで華やかな二重まぶたを維持できると考えられます。

目頭切開の名医がいるクリニック3選

  目白ポセンシア ヴェリテクリニック プリモ麻布十番
クリニック
施術の種類 9種類 4種類 3種類
他院修正
実績 目白ポセンシアの院長は麻酔術を取得し、救急医療の現場経験もしたことのある美容業界で活躍中の医師。また日本美容外科学会認定専門医をはじめとした様々な資格を所持しているため、実績を重視したい人におすすめのクリニックです。 ヴェリテクリニックで採用されている医師の実績は、みな日本美容外科学会の専門医です。銀座院、名古屋院、大阪院の院長を務める医師は指導医なので安心して施術を任せることができます。 プリモ麻布十番クリニックの院長は形成外科と美容外科の2つの学科を経験しているため、広い視野で様々なアドバイスをしてくれます。また医師になって15年以上とキャリアも充分な医師です。
リンク 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ
目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!