三日月法

三日月法ってどんな施術法?

三日月法は従来からたくさんの美容外科で採用されてきた目頭切開術です。

施術は目頭部分の皮膚を三日月状に切り、そのまま縫合するというシンプルなもの。

手術が単純で、その分、施術時間もダウンタイムも短くて済むのが特徴です。

腫れや内出血を起こしにくいという報告もあります。

メリット1.調整しやすい

三日月法は切除する皮膚の量や長さを調節しやすいというメリットを持っています。

ただ、適応するのはごく軽度の蒙古ひだがある方だけに限られているので、三日月法で目頭切開を行いたいという方はまずは医師に相談しましょう。

そもそも三日月法は、目頭切開術が行われるようになった初期の頃に考案されたもの。

そういった経緯もあって、現在では三日月法ではなく、その後に開発された目頭切開法をおすすめするクリニックのほうが多いようです。

メリット2.シンプルで低料金

三日月法は施術がシンプルなだけに、手術を行う医師にZ法やW法ほど高い技術が求められることはありません。

ほかの術式に比べて費用相場も低めです。

三日月法の気になることやデメリット

デメリット1.元に戻りやすい

三日月法では目頭を三日月型に切開したのち、単純に縫い合わせるという術法が用いられています。

シンプルな方法で蒙古ひだが小さい人や張りの弱い人には適しているのですが、蒙古ひだが大きく張り出している人がこの三日月法で施術を受けると、元に戻ってしまう可能性があります。

そもそも人間の体の組織は傷ついたりダメージを受けると元に戻ろうとする働きがあるため、目頭切開の場合は蒙古ひだが大きいとその作用も強くなりがち。

デメリット2.ひきつれ

三日月法で行った目頭切開は傷跡が1本の線のようになり、皮膚のひきつれを起こしやすい形状となります。

傷跡は1本線のような形状のほうが良いようにも思われますが、ひきつれを起こしてしまうと返って傷が目立つことがあり、これも三日月法のデメリットに数えられています。

現在、目頭切開の主流となっているZ法やW法は、三日月法によって起こるひきつれを予防するために開発された方法。

もしも三日月法しか採用していない医師がいた場合は、そのクリニックでの施術は控えたほうが良さそう。

目頭切開を行うなら、患者の目頭と蒙古ひだの状態を診て、三日月法とZ法とW法、そしてそれ以外の術式から適したものを選んでいる医師のいるクリニックがおすすめです。

費用

クリニックにもよりけりですが、目頭切開の手術費用は術式ごとに料金に違いがあります。

例えば手術に高度なテクニックが求められるW法だと両目で25万円から30万円ほどかかり、Z法でも両目で20万円以上はします。

これが施術の単純な三日月法だとグンと安くなり、料金は10万円から、高くても20万円ほどの相場に。

三日月法だと確かに手術費用は低くて済みますが、元に戻る可能性もあるので医師とよく相談してから術式を決めましょう。

目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!