あわせてしたい施術 その5.まぶたの脂肪除去

まぶたの脂肪除去のメリットや施術の方法について

まぶた 脂肪除去

「脂肪除去」は、上まぶたの余分な脂肪を除去する施術です。「脱脂」と呼ばれることもあります。

腫れぼったい、厚ぼったいまぶたをすっきりとさせるのに用いられます。

まぶたの脂肪は、蒙古ひだ同様、二重まぶたになりにくい要因となります。

二重手術を行う方の多くが、まぶたの脂肪が多く二重まぶたになりにくい傾向にあるため、二重の施術と合わせて行うことでより二重の持続性を高めることが可能です。[注1]

また、脂肪除去には目元の印象を柔らかくしたい方にも向いています。

[注1]学研教育情報資料センター:まぶたに一重と二重があるのはなぜ[pdf]

目頭切開や二重埋没法とあわせて行うメリット

脂肪除去は目頭切開だけでなく、二重埋没法と合わせて行われることの多い施術です。これらをあわせて行うことではっきりとした二重になります。

埋没法で二重にしたとき、まぶたの脂肪が多い人は、そうでない人に比べると二重の持続性が低い傾向にあります。

まぶたの余分な脂肪が二重ラインに覆いかぶさってしまい、一重まぶたに後戻りしてしまう可能性が高いからです。また、蒙古ひだがあることで平行型の二重にならない方が多いです。

すると、今まで二重の邪魔になっていたものがなくなるため、埋没法でも二重になりやすくなり、後戻りもしにくくなります。二重埋没法はあくまでも糸をまぶたに埋め込むだけの施術です。

蒙古ひだやまぶたの余分な脂肪までは除去できません。そのため、「二重埋没法」+「目頭切開」+「脂肪除去」を組み合わせる方も少なくありません。

脂肪除去は針穴か切開で行われる

まぶたの脂肪除去の方法は二通りあります。一つは、針穴から脂肪を摂取する方法です。二重埋没法の際に糸を通すための針穴を利用します。

まぶたの切開を行う必要がないため、切開を行うことに抵抗があるという方に向いています。ただし、こちらの方法では上眼高脂肪のみの除去が可能となります。

もう一つは、まぶたを切開して除去する方法です。切開するのは数ミリ程度ですが、局所麻酔を行って施術を行います。この方法であればROOFの除去も可能です。

まぶたの脂肪除去ができるクリニックをピックアップ!

小さな針穴から脂肪除去を行う「目白ポセンシアクリニック」

目白ポセンシアクリニックでは、切開を行わずに小さな針穴から眼高脂肪を取り除く「マイクロカット法」を実施しています。

二重埋没法と合わせて行う方法で、まぶたの腫れぼったい人に適している施術です。費用は両側185,000円、片側135,000円です。

希望する人には、まぶたの脂肪取りのみの施術も行っています。この場合、費用は130,000円です。

また、腫れや痛みを心配されている方向けの高級マイクロカット法「プレミアムマイクロカット法」も用意されています。費用は両側235,000円、片側170,000円です。

目白ポセンシアクリニックでは、まぶたの切開を伴う脂肪除去にも対応しています。部分切開法に脱脂やROOF切除術などを加えるなどさまざまな施術方法があります。

目白ポセンシアクリニック 基本情報
所在地 東京都豊島区目白3-5-12 目白コアビル3階
アクセス JR山手線「目白駅」より徒歩2分
営業時間 10:00~19:00(完全予約制)

まぶたの眉毛周辺をすっきりさせる「八事石坂クリニック」

八事石坂クリニックでは、まぶたの脂肪除去を二つの方法で行っています。

一つは、まぶたのまつげ周辺の脂肪を取り除く「眼高脂肪除去」です。こちらは一般的な脂肪除去手術と同じく、二重埋没法と同時に行われる施術となります。埋没法と脱脂で合わせて180,000円です。

もう一つは、まぶたの眉毛周辺の脂肪を取り除く「隔膜前脂肪除去」です。まぶたの浅い部分にある隔膜前脂肪の除去に特化した施術で、他のクリニックではあまり行われていません。

ただし、この施術にはまぶたの切開が必要となるため、通常は二重切開法と同時に行われています。費用は300,000円です。

八事石坂クリニック 基本情報
所在地 愛知県名古屋市天白区八事石坂601 カンピオーネ八事石坂1F
アクセス 地下鉄 名城線・鶴舞線八事駅 2番出口より徒歩1分
営業時間 9:30~18:30(完全予約制)

目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!