目頭切開後をイメージできるメイク術

目頭切開をしたい!けれど、なかなか決心できない

蒙古襞を切開することで目の印象が大きく変わる

目

目頭切開をしたいと考えている人は、その多くが「蒙古襞」という「ひだ」が張っていて、目頭に奥行きがなく突っ張った状態になっています。
蒙古襞が張っていると、本来少し見えている「涙丘」という部分が見えず、目が小さく見えてしまうほか、少し暗い印象を与えてしまうことも。

目頭切開をすると、目頭が開き、涙丘も見えるようになって、目が大きく見えるほか、華やかな目元になるため、かなり印象が変わります。
しかし、埋没法の二重の手術とは違い、顔にメスを入れる手術になりますので、すぐに決心するのは難しいです。

メイクで目頭切開のイメージをつかもう

そこで今回ご紹介するのが、「目頭切開メイク」。
目頭切開の部分にラインを引くことで、目頭切開をしたような目元を作ることができ、手術後のイメージをつかむことができます。
芸能人でも実践している人が多い目頭切開メイク、ぜひ挑戦してみませんか。

絶妙なアイラインで目頭切開メイクを作る!

ラインだけでも目元の印象はガラリと変わる

普段のメイクでアイラインを入れている人は多いと思いますが、そこに目頭切開メイクを加えることで目元がかなり力強い印象になります。
目頭切開メイクのポイントは、その名の通り目頭の部分にラインを入れること。
この部分に普段からラインを入れている人は少ないのではないでしょうか。

早速やり方のご紹介です。
普段入れているアイラインはそのまま入れていただいてかまいません。
そこに、上まぶたから目頭に向けてのラインを追加していきます。
このとき、目頭に沿って入れてしまうと切開効果が得られないので、少し斜め内側に向けて入れるのがポイントです。
鏡をよく見ながら、目頭を内側に尖らせるようなイメージで引くのがポイントです。

アイラインはペンシルよりもリキッドタイプを

目頭には涙が溜まりやすく、入れたアイラインが落ちてしまいやすいので、アイラインはペンシルタイプよりもリキッドタイプがおすすめ。
ウォータープルーフだとより落ちにくくなるので、涙目になりやすい人でも安心です。
汗などに強いとされているフィルムタイプだと、涙などの水分ですぐに落ちてしまうので避けたほうがよいでしょう。

肌色や目の形によっては、黒のアイラインだと主張しすぎて不自然になってしまうことがあるので、その時はダークブラウンなどの色味を使ってみてください。
普段からアイラインを太めに引いている人は、目頭も太めにするとちょっと歌舞伎メイクのようになってしまうので、少しぼかすと自然になります。

ラインのバリエーションとポイント

目頭のラインは隙間を作らないように
目頭から斜めにアイラインを引くときに、隙間ができてしまうと不自然な仕上がりになってしまいます。
よりしっかり目頭を強調したいという人でも、バランスを見ながらラインを引いてください。
それでも隙間ができてしまったときは、アイラインで隙間を埋めると自然になります。

目尻と目頭だけラインを引くとナチュラルに仕上がる
あまり濃いメイクに仕上げたくないという人は、上瞼のアイラインをつなげて引くのではなく、目頭と目尻だけに引くという方法もあります。
忙しいときでもすぐに完成し、仕上がりが自然なのでお仕事のときなどに適しています。
最近はかなり筆が細いリキッドアイライナーも販売されていますので、それらを使って細く引けば、上瞼全体に引いても自然な仕上がりになります。

目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!