あわせてしたい施術 その1.目尻切開

単純に目頭切開の施術を行うだけでなく、あわせてできる手術のひとつ、目尻切開について調査しました。

目頭切開と目尻切開

より大きな目を望む人や、理想とする魅力的な目に近づくために、目頭切開と併用して希望する人が多いのが「目尻切開」です。ここでは目尻切開の方法と効果やリスク、目頭切開と併用する場合の注意点などをご紹介します。

目尻切開とは?

まぶたの目尻を切開することによって、目を外側に向かって伸ばす手術のことです。

ただし、目尻を切開しすぎてしまうと、ピンク色の結膜の部分が露出して不自然な目元になってしまいます。目尻切開をして効果が出る人は、目尻の白目がたくさん隠れている人と言われます。

目尻を引っ張ってみて白目が隠れている部分が多いようであれば、その部分を切開することで大きな変化があるかもしれません。

目尻を切開することで切れ長の目になるので、童顔に悩む人やたれ目を改善したいという人にも効果的な手術で、目尻から下まぶたへのカーブが緩やかになり、細くキツかった目もやさしい印象になるという効果があります。

また、小顔効果もあるようですね。

体験談を調べてみると、あまり効果がなかったという感想も見受けられたので、効果には個人差があるかもしれません。

目頭切開と併用するときの注意点

目頭切開と目尻切開、両方の施術を組み合わせることで、より理想的な目に近づけるのではないか、もっと大きな目になれるのではないかと思いますよね。

また、ダウンタイム期間はどうせ目が腫れてしまって隠さなければならないのだから、同時に受けて一気に変化してしまおう!という考え方もあることでしょう。

そこで注意したいポイントですが、手術する箇所が増えるのですから、手術後は、どちらか一方を受ける場合に比べたら、ダウンタイムが長く、腫れはなかなかひかないという点です。

また、目頭切開をすることで二重の形が変化する可能性もあるので、目頭切開が完了してから、新たにデザインをし直したほうがいいかもしれません。

くわえて、修正のリスクも考えなくてはなりません。両方同時に行った場合、修正するのはより難しくなります。

こうしたリスクを考えると、やはりクリニックを慎重に見極めることが大切です。目頭切開と目尻切開を同時に受けることは、可能ですし、それを勧めているクリニックもあります。

むしろ目尻切開は、あまり大きな効果が出ない場合も多く、目の周辺の他の施術と組み合わせて行うことが多いのです。

目頭切開と目尻切開はどちらも目の横幅を大きくする手術ですので、切れ長の目を理想とする方には、効果的かもしれませんね。

目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!