Z法

数種類ある目頭切開の施術のひとつ、Z法とミニZ法について調査し、情報をまとめています。

目頭切開術:Z法(またはミニZ法)とは

数ある目頭切開の治療法の中でも、人気のある施術としてZ法とW(内田式)は近年よく比較されています。ここではZ法(またはミニZ法)と呼ばれる施術についてご紹介します。

Z法(またはミニZ法)どんな施術法?

目頭を覆う皮膚(蒙古ひだ)をZ型に切開し、目頭が見えるように皮膚を入れ替え、縫い合わせまる方法です。

よく、「Z法と同様に蒙古ひだを取り除いて縫い合わせるW法と、何が違うの?」と比較されることが多いのですが、Z法はW法に比べるとシンプルで傷が残りにくく、先のとがった自然な目頭になる、と言われています。

Z法図解

仕上がりについては、目の幅を広げるZ法はよりシャープな印象で、美人系の顔にしたい人におすすめ。外国人のように華やかでかわいらしい目元になるW法と違いがあります。

Z法の施術写真(前)

↓

Z法の施術写真(後)

画像引用元:目白ポセンシアクリニック(上下とも)
(http://www.possenssia.com/eye/inner-canthus-cut/)

Z法(ミニZ法)の気になること

W法との違いに注目して、気になったことを調べてみました。

手術中の痛み

Z法も術中は局所麻酔を行うのが一般的で、静脈麻酔を合わせて行うこともあり、静脈麻酔を合わせて行うと追加で費用がかかるのはW法と同様です。

体験者の声を調べてみたところ、「まったく痛みはなく時間もあっという間だった」という意見が数多くみられました。

複雑な形状に切開するW法と比べて、Z法のほうが医師にとっては技術力の負担が少ないように思えます。どちらかというと、Z法を取り入れているクリニックが多いように感じるのはそのためかもしれませんね。

手術後の痛み&ケア

7日間で抜糸をし、2週間ほどで腫れが引いてくるといいますが、実際にZ法で目頭切開をした人の口コミ評判では、だいたい1週間くらいで腫れが引いてきて、サングラスなしで外出できるという声が多く見られました。

W法に比べると切除する箇所が小さいので、皮膚にかかる負担は少ないのかもしれません。

痛みにはもちろん個人差があります。痛みがある場合もありますが、アイスパックなどで冷やすと痛みは和らぎますし、医師から鎮痛剤が処方されるはずです。

修正やトラブル

目頭の下の部分に傷ができ、それが残る可能性もあるようです。

また仕上がりに関しては、ぱっと華やかな印象にあるW法に比べるとZ法では蒙古ひだを残すことが多く、とても自然なのが特徴です。ごくわずかではありましたが、「ほとんど目の印象がかわらなかった」という体験談もありました。

でもその一方で、あえて失敗例も調べてみると…「きつい印象になってしまった」「傷の場所が目立つ」といった声あり。

医師にかなりの技術力が求められるW法に比べると、ごく一般的な基準でクリニックを選べば、Z法は大きなリスクはない施術法という印象でしたが、やはり自分のなりたい印象をしっかりと相談できて、腕も確かなクリニックを見極める必要がありそうです。

費用

25万円ほどが相場です。

W法と同じくらいの費用がかかるのに、人によってはあまり印象が変わらないのでしょうか?その点が気になりましたので、体験者の声を調べてみました。

  • 目は顔の印象を大きく左右します。もちろん目頭切開できれいにはなりたいけど、あまりにも大きな変化はちょっと…と思い、Z法で施術しました。とても自然ですが、顔の印象も良くできたので、結果には満足です。術後の腫れや痛みも気にならず、思ったよりも早く、傷が目立たなくなくなりました。
  • 切除する範囲が小さく、リスクが少ないと聞き、Z法で施術しました。術後も特にトラブルがなかったし、もしかしたらそんなに変化しないのかもしれないな…と思っていたのですが、鏡を見ると顔の印象が違っていてうれしい驚きでした。私がずっと目をコンプレックスにしていたことを知っていた家族も、印象が変わったと喜んでいました。
  • 事前に言われていたよりも腫れることなく、術後1週間で眼鏡をかけて外出できるほどでした。腫れが引くときれいに自然な目になっていて、結果には満足しています。
  • 印象が大きく変化した、というほどではありませんでしたが、メイクをするとよく映えて、顔の印象が明るくなったと感じます。自信が持てるようになりました。
  • すぐに元に戻ってしまい、埋没法を繰り返していました。そこでZ法を受けることを決意。術後の腫れや傷跡が残るのを心配していたのですが、腫れは思ったよりも長引かず、思ったよりも負担が少なかったと感じています。
目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!