大きなパッチリ目にしたい

目が小さいと悩む方の多くは、日本人に多くみられる蒙古ひだのせいといわれています。ここでは、それを除去して目をパッチリ見せる方法について紹介しています。

蒙古ひだの悩みを整形手術で解決!

大きなパッチリ目にしたい蒙古ひだは日本人の8割が持っていて、その存在が、西洋人に比べて私たちの目が小さく見える原因のひとつです。

目を大きくする手術で代表的な目頭切開は、蒙古ひだで覆われた目頭のピンクの部分(涙丘)を露出させることで、目を大きく見せる整形法です。また、メスを用いない二重埋没法などで二重を作り、大きな瞳に見せることもできます。

このように目の整形にはさまざまな方法があります。ここでは、特に蒙古ひだに悩む方に向けて、整形の方法や費用などについてまとめてご紹介します。

大きな目になるための蒙古ひだ対策

平行二重の目は大きく魅力的に見えます。蒙古ひだの厚い場合、一重まぶたできつい印象の表情や、腫れぼったい目もとをコンプレックスに感じる人は少なくありません。

改善する方法として、いくつかの整形法を調べてみました。

蒙古ひだを取り除く目頭切開

目頭切開にはさまざまな種類があり、現在ではZ法、W法、リドレープ法などが主流です。どの方法でも目頭を切り開くのですが、その際に蒙古ひだをどれだけ切除するかを調整できます。

蒙古ひだの厚さに合わせて調整できるので、蒙古ひだの厚い人でも効果が出やすいのです。

また、「末広型二重」よりも「平行型二重」にすると、よりはっきりとした印象の大きな目にできます。平行型二重を目指すのであれば、控えめな切開よりも、大きめに切開する必要があります。

目頭切開手術の費用相場は30万円前後です。

蒙古ひだを残して平行型の二重を作る

二重埋没法では、二重を作りたい線に沿って髪の毛よりも細い特殊な糸を入れ、数ヵ所を止めます。そのことで、メスを使わずに二重を作れるという具合です。

ただし、蒙古ひだが厚い、あるいは大きい場合は、術後しばらくすると元に戻ってしまったり、腫れぼったい印象が残ってしまうというケースもあります。

このように、たとえ一時的に二重になれたとしても、「大きな目」という印象にするのは難しい場合もあるようです。

二重埋没法の費用相場は、留める点数で異なり、一般的には両側1点で6万円前後から、クリニック独自の施術を用意していれば30~40万円という高額な手術もあります。

目頭切開と眼瞼下垂修正術で目を大きく見せる

実は、二重にしたからといって必ずしも目が大きく見えるかというと、そうでもありません。

蒙古ひだの厚い患者さんのケースでは、二重埋没法で平行二重を作ったところ、やはり腫れぼったい印象は残ってしまい、かえって目が小さく見えたという症例もあります。

やはり蒙古ひだを取り除く必要があるのですが、大切なのは顔とのバランスです。蒙古ひだを取り除きすぎると寄り目になりすぎてしまい、それを望まない場合もありますよね。

そうした場合は、控えめな目頭切開と、眼瞼下垂修正術を用いる場合があります(眼瞼下垂修正術は元の二重を少し広くするまぶたの切開術です)。

眼瞼下垂修正術の費用は、安価であれば30万円台からありますが、平均は50万円前後となるようです。

このように、蒙古ひだが厚い人がパッチリとした大きな目にする整形では、施術の組み合わせも大切になります。

>>目頭切開の手術方法についてはこちら

目を大きくする5つの手術

目を大きくする手術は目頭切開以外にもいろいろあります。ここでは代表的なものをいくつか紹介しましょう。

1.持続性が高い「二重切開法」

二重のイメージ

まぶたを一部または全部切開して目を大きくする方法です。二重埋没法に比べるとメスを入れるぶん持続性が高く、長期間効果を維持したい方向けの施術と言えます。

一部分のみ切開する方法とすべて切開する方法では施術時間や料金が異なるので注意しましょう。以下では2つの施術法の違いをまとめてみました。

目元の腫れぼったさを解消できる「一部切開」

二重にしたい部分を1~2cmほど切開し、内部処理後に縫い合わせる方法です。

埋没法に比べると糸がはずれる心配がなく、半永久的に効果が持続します。同時にまぶたの脂肪も除去できるので、目元の腫れぼったさに悩んでいる方にもおすすめです。

施術時間は両目で20分程度。施術中は麻酔クリームと通常の麻酔を併用するので痛みはほとんど感じません。

ただ腫れが1週間ほど残るので、アイメイクするのは腫れが引く1週間後から可能となります。施術費用はおよそ20~30万円程度が目安です。

よりスッキリした目になる「全切開」

二重にしたいラインをすべて切開し、余分な脂肪を取り除いた後、内部処理して縫合する方法です。

主なメリットは一部切開と同じですが、より多くの脂肪を取り除けるため、目元をスッキリさせる効果が期待できます。

加齢にともなってまぶたが垂れてきた…などの悩みを抱えている方は全切開のほうが満足度が高いでしょう。

そのぶん施術時間は若干長くなり、両目で30分前後。腫れも1~2週間くらい続く傾向にあります。

ただし、アイメイクは1週間後から行ってもOKです。施術費用は30~40万円程度で、一部切開よりもややコストが割高に設定されています。

2.小顔効果も期待できる「目尻切開」

目頭とは逆の位置にある目尻を切開することで目を大きくする方法です。

目尻からこめかみまでの距離が長いと顔のパーツが中央に寄って見えてしまい、顔が大きめという印象を与えてしまいます。

目尻を切開すると目尻からこめかみまでの距離が縮まり、小顔効果を期待できるようになるので、目の大きさとともに顔の大きさにも悩んでいる人に向いています。

また、目頭を切開すると目尻のカーブが緩やかになるため、目元の印象も優しくなります。

施術時間は両目で15~20分ほど。麻酔クリームと麻酔のほか、点眼麻酔なども併用して施術を行います。

ダウンタイムは1週間ほど続くので、アイメイクは1週間後から行うよう指示されます。費用はクリニックによってまちまちですが、27~30万円程度が目安でしょう。

3.華やかな目元に「涙袋形成」

涙袋とは、目の下にあるふくらみのこと。涙袋の大きさは人によって異なりますが、ふくらみが小さいと目元がきつくなりやすい傾向にあります。

涙袋形成では目の下にヒアルロン酸を注入し、人工的に涙袋を作ることができます。厳密に言うと涙袋を形成しても目のサイズは変わらないのですが、目元が華やかになる効果が期待できるでしょう。

ヒアルロン酸はしわやたるみの治療にも用いられる保湿成分であり、もともと体内にも存在する生体成分であるためアレルギーを起こすリスクが少ないことでも知られています。

目の下に注射を打つだけなので、施術時間は両目を合わせても約10分ほど。麻酔クリームを塗ってから注射するので痛みは少ないですし、メスを使わないので腫れも最小限に抑えられます。ダウンタイムが短いため、翌日からアイメイクもできるところがメリットです。

施術料金も10万円強と他の施術に比べるとリーズナブルに設定されています。

ただ、ヒアルロン酸の効き目は永久的ではなく、1年程度と言われています。その後は2~3年ほどかけて少しずつ体内に吸収されていきます。

先ほども説明したとおり、ヒアルロン酸自体は生体成分なので体に害はありませんが、吸収されてしまった後は当然涙袋の効果もなくなってしまうので、効果を継続させたいのであれば定期的に涙袋形成の施術を受けなければなりません。

4.優しい印象の目元に「タレ目形成」

特殊な糸でまぶたの裏側から皮膚を縫い縮め、下まぶたの開きを大きくする方法です。

もともとつり目がちできつい印象を与えることにコンプレックスを抱いていた人は、この施術によって優しい印象の目元が手に入ります。

二重埋没法同様、糸を使用するので戻りやすいところがネックですが、そのぶん修正が利きやすく、気に入らなかったら元に戻せるという利点もあります。

また、メスを使う方法に比べるとダウンタイムが短く、腫れや内出血などはほとんど起こりません。施術時間も10~15分ほどで終わるので、体への負担は少ないと言えるでしょう。

費用は12~15万円程度が目安です。

5.より後戻りしにくいタレ目に「下眼瞼下制術(グラマラスライン)」

まぶたの裏側の粘膜部分を切開し、下まぶたを下げて人工的にたれ目を作る方法です。

眼瞼下垂修正術とは上下逆の方法で行いますが、まぶたの表側を切開することはないので、目に見えるところに傷が残らないところがメリットです。

与える印象についてはタレ目形成と同じですが、結膜側にメスを入れて組織を剥離し、全体を下げてしっかり固定するので、糸を使った方法よりも後戻りしにくい仕組みになっています。

また、糸を使った施術の場合、一点で下げるので施術直後はラインの角度が急でやや不自然な印象を与えますが、下眼瞼下制術は下まぶた全体を引き下げるので目の下のラインも自然でなめらかな印象になります。

そのぶんダウンタイムは長めですし、費用も25~35万円くらいかかります。

最も手っ取り早い方法は目頭切開

以上、主要な目の整形施術の種類を紹介してきましたが、最も手っ取り早く目を大きくでき、かつ後戻りしにくい方法はやはり目頭切開です。

糸を使った方法は後戻りしやすいですし、それ以外の方法は目を大きくするというよりも、目元をスッキリさせたり、タレ目でやさしい印象を作ることを主目的としているからです。

また、目頭切開は目の整形施術の中でもポピュラーな手術ですので、クリニックの選択肢も数多くあります。

さまざまなクリニックを比較して自分に合ったところで施術できるのも目頭切開ならではの利点と言えるでしょう。

目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!