大きなパッチリ目にしたい

目が小さいと悩む方の多くは、日本人に多くみられる蒙古ひだのせいといわれています。ここでは、それを除去して目をパッチリ見せる方法について紹介しています。

蒙古ひだの悩みを整形手術で解決!

大きなパッチリ目にしたい蒙古ひだは日本人の8割が持っていて、その存在が、西洋人に比べて私たちの目が小さく見える原因のひとつです。

目を大きくする手術で代表的な目頭切開は、蒙古ひだで覆われた目頭のピンクの部分(涙丘)を露出させることで、目を大きく見せる整形法です。また、メスを用いない二重埋没法などで二重を作り、大きな瞳に見せることもできます。

このように目の整形にはさまざまな方法があります。ここでは、特に蒙古ひだに悩む方に向けて、整形の方法や費用などについてまとめてご紹介します。

大きな目になるための蒙古ひだ対策

平行二重の目は大きく魅力的に見えます。蒙古ひだの厚い場合、一重まぶたできつい印象の表情や、腫れぼったい目もとをコンプレックスに感じる人は少なくありません。

改善する方法として、いくつかの整形法を調べてみました。

蒙古ひだを取り除く目頭切開

目頭切開にはさまざまな種類があり、現在ではZ法、W法、リドレープ法などが主流です。どの方法でも目頭を切り開くのですが、その際に蒙古ひだをどれだけ切除するかを調整することができます。

蒙古ひだの厚さに合わせて調整することができるので、蒙古ひだの厚い人でも効果が出やすいのです。

また、「末広型二重」よりも「平行型二重」にすると、よりはっきりとした印象の大きな目にすることができます。平行型二重を目指すのであれば、控えめな切開よりも、大きめに切開する必要があります。

目頭切開手術の費用相場は30万円前後です。

蒙古ひだを残して平行型の二重を作る

二重埋没法では、二重を作りたい線に沿って髪の毛よりも細い特殊な糸を入れ、数ヵ所を止めます。そのことで、メスを使わずに二重を作ることができるという具合です。

ただし、蒙古ひだが厚い、あるいは大きい場合は、術後しばらくすると元に戻ってしまったり、腫れぼったい印象が残ってしまうというケースもあります。

このように、たとえ一時的に二重になれたとしても、「大きな目」という印象にするのは難しい場合もあるようです。

二重埋没法の費用相場は、留める点数で異なり、一般的には両側1点で6万円前後から、クリニック独自の施術を用意していれば30~40万円という高額な手術もあります。

目頭切開と眼瞼下垂修正術で目を大きく見せる

実は、二重にしたからといって必ずしも目が大きく見えるかというと、そうでもありません。

蒙古ひだの厚い患者さんのケースでは、二重埋没法で平行二重を作ったところ、やはり腫れぼったい印象は残ってしまい、かえって目が小さく見えたという症例もあります。

やはり蒙古ひだを取り除く必要があるのですが、大切なのは顔とのバランスです。蒙古ひだを取り除きすぎると寄り目になりすぎてしまい、それを望まない場合もありますよね。

そうした場合は、控えめな目頭切開と、眼瞼下垂修正術を用いる場合があります(眼瞼下垂修正術は元の二重を少し広くするまぶたの切開術です)。

眼瞼下垂修正術の費用は、安価であれば30万円台からありますが、平均は50万円前後となるようです。

このように、蒙古ひだが厚い人がパッチリとした大きな目にする整形では、施術の組み合わせも大切になります。

目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!