離れている目をどうにかしたい

目が離れていることがコンプレックスの方に向け、整形手術で離れ目を改善する方法を紹介しています。

離れ目が美しく見えない理由とは?【整形手術で解決!】

離れている目をどうにかしたい一般的に美しいと言われる顔は、目:目と目の間:目の横幅の比率が1:1:1と言われています。

そのバランスから大きく外れて目が離れていると、子どもっぽい顔に見えたり、また、顔が大きく見えたりしがちです。

日本人の目頭と目頭の間隔の平均は30mmから34mmで、西洋人に比べると広いようです。日本人の顔が幼く見えると、よく言われる理由のひとつかもしれません。

その離れ目の原因となっているのが、日本人に特有の蒙古ひだです。蒙古ひだは目頭にあるピンク色の結膜を覆ってしまうので、目を小さく見せてしまうのです。

目頭切開では、この蒙古ひだを取り除き、西洋人の目のように結膜を露出させることで、バランスよく目頭を近づけ、離れ目を改善させることができます。

離れ目を解消し、目を大きく見せることで、小顔効果も期待できるので、まさに一石二鳥の術式です。

離れ目には施術を選ぶこと&組み合わせも大切

離れ目の対策としては、目頭を露出させる目頭切開が代表的です。目頭の距離が近づくと同時にパッチリとした二重になるので、目の印象がより強調され、離れ目を改善できます。

離れ目に悩んで目頭切開を行った方の体験談を調べてみると、大成功していることがわかりました。

「小さな目と離れた目がコンプレックスだった」という女子大生は、蒙古ひだを取り除く目頭切開を行ったところ、ほんの数ミリの切開で目と目の間が狭くなっただけではなく、くっきりとした二重に。

鼻筋まで通ったように見え、目元は華やかになり、シャープな顔つきに大きく変化していました。それは「本当に数ミリの目頭切開だけ?」という驚きの変化。ご本人はもちろん、ご家族も大満足の効果です。

また、「左右の目が離れていることと腫れぼったい目が悩み」という会社員の女性は、目頭切開と二重埋没法を組み合わせた施術を行っていました。

単に目が近づくだけではなく、二重にすることで、彼女が希望していた優しい印象の顔になることに成功しています。

そのほかにも、離れた目を改善するための目頭切開の整形を行った体験談には、想像していた以上の嬉しい変化があったという声が数多く見られました。

目頭切開は他の美容整形術に比べれば、ほんの数ミリ程度にメスを入れるだけの小さな手術です。ダウンタイムも短いですし、費用相場も30万円前後となっていますから、その効果は大きい!

目頭がほんの数ミリ近づくだけで、顔全体の印象は大きく変えることができるんですね。

目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!