離れている目をどうにかしたい

離れている目をどうにかしたい

鏡を見る女性

目が離れていることにンプレックスと感じるコンプレックスの解決法を探っていきましょう。

離れ目はなぜコンプレックスになるのか

離れ目というのは、子どもっぽいかわいらしさを演出できる部分もあるのですが、「大人らしい女性の雰囲気」を目指す人にとっては、非常にコンプレックスになりやすいポイントでもあります。

また、顔全体的がのっぺりとした印象になってしまうほか、他のパーツとのバランスが悪くみえてしまい、大顔という印象を与えてしまいます。

日本人は離れ目ぎみの人が多い

離れ目に悩む日本人女性は多いわけは、人種的な原因もからんでいるされています。

離れ目に見えない理想的な「美の黄金比率」は、顔を正面から見たときに、顔の端から目までの距離、目の横幅、両目の間隔が1:1:1とされています。

しかし、日本人の場合、目の横幅に比べて、目頭と目頭の間隔のほうが長い、という状態になっている人が多いのです。

その理由として挙げられるのが、東洋人(黄色人種)の多くに存在する「蒙古ひだ」です。

蒙古ひだは、目頭部分の結膜を覆うような形で存在しているため「目頭の一部が隠れている=目が小さく見える=目頭と目頭の間隔の広さが目立つ=離れ目に見えてしまう」という状態になるわけです。西洋人にはこの蒙古ひだがないため、最初から目頭がちゃんと露出しており、目が大きく、バランスも良く見えるのです。

メイクや髪型の工夫による離れ目対策

離れ目に悩んでいる人が、まず考えることとして挙げられるのが「メイクや髪型の工夫で、離れ目を近づけるように見せる」というものです。

離れ目対策のメイクとしては「アイメイクで目頭部分を濃く、目尻部分を薄くする」という方法があります。こうすることで、相手の視線は目頭側に集中し、結果、両目が近く映ります。またノーズシャドウを入れるのも効果的。しかし、あまり長めに入れてしまうと、今度は鼻が長く映りますので注意してください。

髪型についても「前髪をアップスタイルにせず、むしろ前髪を多少重めにして、斜めに流すことで離れ目のインパクトをやわらげる」「ふんわりと巻いたシースルーバング」などという方法があります。

ですが、こうした手段は、ある程度は見た目をごまかせるものの、やはりそれだけでは限界がある、というのも事実です。

「スッピンの時でも、離れ目に見えない」という状態になることこそが、やはりなによりの理想ですよね。

そんな離れ目の問題を、根本から改善するためには、整形手術がおすすめです。

離れ目を改善するための整形手術

私たち東洋人の多くは、西洋人にはない「蒙古ひだ」が目頭部分を覆っているため、目頭にある結膜が見えなくなり、両目が小さく見えてしまいます。両目のサイズが小さく見えると、結果、目が離れているように映ってしまうというハンデがあります。

それを改善するためには、この蒙古ひだを切開する整形手術がおすすめです。

この蒙古ひだを切開・除去するだけで、隠れていた目頭部分が露出します。

目頭の露出をしても、目の幅が変わるのはたった1ミリ~多くても数ミリ程度ですが、そのわずかなミリの差が、見た目の印象をグンと変えてくれるのです。

目頭切開の手術でおすすめのクリニック一覧

離れ目改善のための目頭切開手術において、積極的に問診しているクリニックを一覧にしてみましたので、参考にして下さい。なお施術は保険適用外のため、自己負担となります。

クリニック名 料金例 施術方法
目白ポセンシアクリニック Z法
片目140,000~
両目220,000~

プレミアムZ法
片目180,000
両目280,000

など
目白ポセンシア式ミニZ法
目白ポセンシア式ミニW法
目白ポセンシア式上部形成法
目白ポセンシア式拡大型Z法など
ヴェリテクリニック 250,000円
(福田医師指名の場合は、別途指名料が必要)
Z法
リドレープ法
皮膚切除法など
プリモ麻布十番クリニック 250,000円 Z法
高須クリニック Z法の場合
片目125,000円
両目250,000円
Z法・W法(内田法)・三日月皮膚切除法等の選択肢があるが、患者側からの特別な要望がない限りはZ法を勧めている
城本クリニック 200,000~250,000円
(ほぼ250,000円が基本)
Arlt法(単純切除法)
Mustarde法
Imre法(Z法)
平賀法
Stallard法(変形Z法)
Mack法
W法(内田法)など
タウン形成外科クリニック 200,000円 Z法
W法(内田法)
平賀法など
ユリシスクリニック ユリシス式
200,000円
ユリシス式オリジナル目頭切開法
W法(内田法)
平賀法
Z-Plasty法
Irlt法
Mustarde法
Imre法(Z法)
Stallard法(変形Z法)
Mack法
ノエル銀座クリニック 200,000~
240,000円
「くの字型」オリジナル目頭切開法
ルネッサンス美容外科医院 250,000円 Arlt法(単純切除法)
Imre法(Z法)
Stallard法(変形Z法)
W法(内田法)
Mack法
平賀法
Mustarde法
Z法やW法の改良処置「modified Uchida」など
名古屋エースクリニック 194,400円 Z法
共立美容外科 270,000円~ Z法
W法(内田法)

それでは、各クリニックについて、手術内容や特徴などを解説していきます。

目白ポセンシアクリニック

目白ポセンシアクリニックの目頭切開は「患者の要望・希望に合わせて最善の術式を選ぶ」というのがモットー。

目白ポセンシア式ミニZ法・目白ポセンシア式ミニW法・目白ポセンシア式上部形成法・目白ポセンシア式拡大型Z法など、さまざまな術式を使い分けていますが、その中でももっとも多いのが、高級術式「プレミアムZ法」です。プレミアムZ法は、超極細の糸を使って縫合していく丁寧で細やかな術式です。

個人差はありますが、通常のZ法は手術から抜糸までにおおむね1週間ほどの期間が必要。一方、プレミアムZ法における抜糸は、早い人で4日ほどとされており、通常のZ法よりもさらにダウンタイムが短いわけです。

Z法のなかでも、特にグレードが高い術を選びたい、というのであれば、目白ポセンシアクリニックのプレミアムZ法は非常に有力な選択肢のひとつであると言えるでしょう。

ヴェリテクリニック

ヴェリテクリニックで取り扱っている目頭切開の術式は、Z法・リドレープ法・皮膚切除法ですが、もっとも多く取り扱っている術式はZ法です。

控えめな切開から、Z法でできる限度いっぱいの切開まで、最大限の範囲を柔軟にカバー。患者の希望に沿った施術が心がけられています。

ヴェリテクリニックに在籍する医師は全員、日本美容外科学会または日本形成外科学会の専門医として認定されており、両方の認定を得ている医師も複数在籍しています。

そして、理事長であり銀座院の院長である福田医師は、これらの専門医認定を受けているのはもちろんのこと、アメリカでの研修、そして高須クリニックの高須克也氏の指導を受けるなどの経歴を持っています。「美容外科の手術治療に専念できる環境を」との思いで、ヴェリテクリニックを開院したのです。

なお。福田医師の施術を受けるためには、指名料としてオペ・施術代金の20%が別途必要となります。

もちろん、福田医師以外の医師に関しては指名料を支払わずとも施術を受けられます。

プリモ麻布十番クリニック

目頭切開の術式と言えば、ほとんどのクリニックが「Z法を多く扱いながらも、他の術式も対応している」という形になりますが、プリモ麻布十番クリニックは、公式サイトで「Z形成術による目頭切開を行っております」と断言するほどに、目頭切開に関しては完全にZ法専門、という立ち位置となっています。

そして、この「たったひとつの術式」にこだわっている分、手術にあたっては、細かいところまで気配りが見られるのが大きなメリットです。

局所麻酔に極細の針を使って痛みを最小限に抑える努力を行っているのに加え、ほんの少しの痛みであっても不安があるという人に向けては、表面麻酔や静脈麻酔などにも対応しており、痛みに対する抵抗を考えている場合は、一考の価値があるでしょう。

施術は、超極細の吸収糸で中縫いを行ったうえで、極細の糸で皮膚縫合をし、抜糸も4~5日後に可能。傷跡がほとんど目立たないように細心の注意をはらっています。

このように、患者の不安に寄り添った気配りを心がけているプリモ麻布十番クリニックは、「目頭切開をして離れ目をどうにかしたいけど、施術に対しての不安がある」という人にとって、非常に有力な選択肢になることでしょう。

高須クリニック

東京、横浜、名古屋、大阪に展開している高須クリニックの目頭切開は、患者側から特に要望がない限りは、そのほとんどをZ法にて行っています。

Z法の「傷が小さく目立ちにくい、腫れや赤みも比較的短期間で引きやすい」という点や、Z法での目頭切開で得られる「自然に軽く尖った感じ形の目頭」を望む人が大半であるということが、高須クリニックがZ法を強く推奨する大きな理由となっています。

「目頭切開の手術は、Z法にしてもらおうかと考えている」など、最初からある程度方向性を決めている人は検討するべきクリニックのひとつと言えます。

城本クリニック

池袋、新宿、立川、横浜などにクリニックを構えている城本クリニックは、目頭切開の術式を特に多く取り揃えているクリニックのひとつとして挙げられます。その施術方法はArlt法(単純切除法)、Mustarde法、平賀法、Stallard法(変形Z法)、Mack法など多数。

多くのクリニックがZ法を基本としているなか、Z法の目頭切開だけに縛られず「より多くの可能性を提示してもらいたい」という人にとっては、選択肢が豊富な城本クリニックへの相談は、大いに価値があると言えるでしょう。

タウン形成外科クリニック

タウン形成外科クリニックの目頭切開は、Z法・W法(内田法)・平賀法の3つの術式が主となっており、術式としては非常にオーソドックスな選択肢があるクリニックと言えますが、ここは治療費が税別200,000円と、平均的な水準に比べると、なかなかリーズナブルであるという点も魅力です。

石原信浩総院長は、日本美容外科学会認定専門医などの資格を持っていることはもちろんのこと、美容整形が盛んな韓国の新聞、韓国日報で「誇らしい世界人2013」としての表彰を受けた過去を持っています。

その石原医師の指導と監修のもとで各クリニックが治療にあたっていますので、治療費がリーズナブルであっても、それが決して「安かろう悪かろう」というものではない、という安心感があります。

またオフィシャルサイトでは、メールでの問い合わせ、カウンセリング予約を受け付けていますので、少しでも気になったら確認してみるのもいいですね。

ユリシスクリニック

静岡・浜松にあるユリシスクリニックの目頭切開は、かなり種類豊富な術式を取り扱っていますが、その中でとりわけ注目したいのは、「表面に傷がつかない」といわれている、ユリシス式のオリジナル切開法。W法(内田法)、平賀法、Z-Plasty法、Irlt法など、他の切開メニューも用意していますが、基本的にはこのユリシス式が多く用いられます。

ユリシス式の治療方法は、企業秘密もあるでしょうが、何より「患者ひとりひとりに合わせての施術」というスタイルですので、公式サイトでも公開はされていません。詳しい治療法を知りたい場合は、直接問い合わせてみる必要があります。

この「ユリシス式の治療法が事前には分からない」という点ではハードルが高いかもしれませんが、傷跡を残さない治療を特に強く望むなら、一度問い合わせてみる価値はあるでしょう。オリジナル術式でありながら、治療費が税別200,000円とかなり良心的なのも、注目すべきポイントです。また、土日、祝日も診療しているほか、女性医師も勤務。女性特有の悩みを気兼ねなく相談できそうです。

ノエル銀座クリニック

ノエル銀座クリニックも、ユリシスクリニックと同様に「オリジナルの目頭切開法」が大きな特徴となっています。

ノエル銀座クリニックのオリジナル目頭切開法は、「くの字型」に小さく目頭を切開し、Z法やW法よりも傷跡を小さく済ませられる、というものです。

Z法も傷跡が目立ちにくい術式として人気ですが、それに対しても不安が大きいという人は、こうしたオリジナル術式について問い合わせてみるのもいい手です。保志名院長の美容外科に対する考えが「一人ひとりに合った『美』を創り出すアート」という点からも、施術後の美しさを引き出すことに注力していることがうかがえます。

ルネッサンス美容外科医院

ルネッサンス美容外科医院も、種類豊富な目頭切開の術式を取り揃えているクリニックのひとつですが、注目すべきは、Z法やW法に改良を加えた「modified Uchida」という処置法がある、という点でしょう。

ただし、クリニックではこの処置法に特にこだわるのではなく、あくまで患者の蒙古ひだの現状と要望を踏まえたうえで、豊富なメニューから最適な術式を選ぶ、という柔軟な対応をしてくれますので、一方的な術式の押し付けをされてしまう、という心配はまずないでしょう。

カウンセリングから施術まで院長が責任を持って行ってくれることや、局所麻酔だけでなく塗布タイプの麻酔も使う多段階麻酔で無痛状態にすることを心がけており、安心感が得られる要素が大きいのもメリットです。

また、女性専用クリニックである点、待合室が個室という点もプライバシーを重視している人にとってはありがたいですね。

エースクリニック

エースクリニックの目頭切開は、Z法を基本としており、腫れが少ない状態に仕上げることを得意としています。

麻酔も、局所麻酔だけでなく点眼麻酔や、希望によっては静脈麻酔も併用することで、徹底的に痛みの不安を軽減してくれる安心感があります。

良心的な治療費、入念なカウンセリング、リラックスできる院内の雰囲気など、患者目線での配慮が行き届いたクリニックです。

共立美容外科

共立美容外科の目頭切開の術式は、Z法とW法(内田法)の2種類となっています。

共立美容外科では、「大事な血管や神経などの組織を傷つけないために、解剖学を熟知した上での施術をする」「手術ラインの緻密なデザイン」「医療機器の完全滅菌」「内出血や腫れに配慮した専用の医療機器使用」「複数人の医療スタッフの配備」「院内には医学博士や救急科専門医も在籍」など、さまざまな配慮と工夫で、安心かつ安全な手術を行える態勢を整えています。

特に、Z法での目頭切開は、傷跡が目立たないように「二重のラインの延長線上に縫合ラインを作る」という工夫が施されており、仕上がりの質にもこだわってくれています。

また、術後の回復を促進させるサプリなども取り扱っていますので、術後の経過が気になりそうな人は、こうしたものを利用してみるのもいいでしょう。

目頭切開手術は片目ずつやってもOKか

さて、ここまで、目頭切開のおすすめクリニックを挙げてきましたが、多くのクリニックでは両目の手術が基本となっているものの、なかには、目白ポセンシアクリニックや高須クリニックのように、片目の手術を引き受けているクリニックも存在します。

片目だけ施術したら、抜糸するまでの期間、手術した片目は「ものもらいになった」とでも言えば、ごまかせます。「何とかして目頭切開の手術をしたことを周りにバレないようにしたい」という気持ちが強い人は、片目ずつの手術を希望するのもよいでしょう。

しかし、結論から言うと、施術は両目を一度に受けることをおすすめします。なぜなら、片目ずつの手術はどうしても、「手術後の仕上がりの左右差」が生じるリスクが多少なりとも高くなってしまうからです。

もちろん、片目ずつの手術を取り扱うクリニックでは、両目の仕上がりを揃えるために、前回の手術をしっかりと踏まえ、もう片方の目もそれと同じ仕上がりになるよう細心の注意をはらって手術してくれるのですが、何より問題なのが「人の目のコンディションは、体調や体重・朝晩などの時間の差によって、微妙に変わってくる」という点です。

手術時の右目のコンディションと、左目のコンディションが異なれば、双方の目に差が出ている可能性があります。コンディションが違う状態だと、いくら「手術自体は全く同じ」という状態であっても、微妙な左右差が出てくる可能性はないとは言えません。

もちろん、左右差が大きく目立つ、というようなリスクはごくごくわずかですが、少しでも「左右差のリスク」を出したくないのであれば、やはり両目を一気に手術する方がおすすめ、と言えるでしょう。施術費用も、片目×2回よりも、両目を一気にやった方が安くつくというメリットもあります。

目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!