目頭切開失敗の体験談集

ここでは、残念なことに、目頭切開がうまくいかなかった方々の失敗談を集めてみました。成功するための参考にもなると思いますので、ぜひご一読ください。

目頭切開の失敗談をリサーチ結果

目頭切開失敗の体験談集目頭切開の失敗談を調べてみると、けっこう見つかります。失敗してしまった方は本当に辛いと思います…。

その体験を書き込んでいただけるのは、とてもありがたいこと。後悔しないための知識を貴重な体験談から学ばせていただきましょう。

Case1.傷跡が残ってしまった

目頭切開の傷跡が残ってしまいました。医師に相談しても、腫れが引けば傷も治るとか、個人差があるとか、いろいろとごまかされてしまい…。

友人からは「それは、いわゆる整形失敗じゃないのか」と指摘されてしまいました。友人に付き添ってもらいクリニックに行きましたが、なかなか失敗とは認めてもらえず、やっと失敗を認めたところで、「傷は治せないから返金する」と言われました。

私はお金を返してほしいのではなく、傷跡を消してほしかったのに…。安い値段につられてこのようなクリニックを選んでしまった私が悪いのでしょうか…。

管理人のコメント

信頼できるクリニックには必ず適正価格があります。価格の安さだけにつられず、評判や症例、カウンセリングの内容などから、後悔のないクリニックを見極めてください。

「傷が治せるかどうか」よりも、「傷が残らない施術」をしてくれるクリニックであれば安心ですね。

Case2.整形がバレバレ

目頭切開をしたところ、とても不自然な顔になってしまいました。元の顔のほうがよかったばかりでなく、整形したことがバレバレ!

もう元には戻せないのでしょうか…。

管理人のコメント

目頭切開術の失敗は、カンセリング不足・シミュレーション不足が原因です。数ミリで顔の印象が変わってしまう目頭切開では、事前にデザインをしっかり行うこと、そして執刀医の腕が試される細かな施術が必要なのです。

カウンセリングがあっという間だったり、施術そのものもあっという間に終わってしまったりしたのではないでしょうか。

なかには、患者にデザインを確認しながら、じっくりと時間をかけて目頭切開を行うクリニックもあります。

見かけの安さに惑わされないようにしましょう。万が一失敗すれば、次の方のように、結局高くつくことになってしまいます。

Case3.修正手術を繰り返すことに…

目頭切開を受けたときに、大きく切られてしまい、寄り目になりすぎてしまいました。顔もきつい印象です。周囲にも整形がばれてしまい、気持ち悪いとまで言われてしまいました。

すぐにでも修正したいと思い、1ヶ月後に、目頭切開をしたクリニックで蒙古ひだ形成をしてもらいましたが、症状はほとんど変化がありませんでした。

他のクリニックで修正の相談をしたところ、手術を受けたばかりでしたので、半年は待たなければならないと言われました。とにかく今はそれまで我慢しなくてはなりませんが、毎日とても辛いです。もっと早く、優しい目に戻る修正手術を受けられないでしょうか…。

管理人のコメント

修正には目頭切開よりも高い技術が求められます。また、大きく蒙古ひだを切除してしまっている場合は、元に戻せないケースもあります。

こういった修正を行う場合、蒙古ひだ形成術(目頭切開修正)に関して評判の高い名医を探すことがおすすめです。

目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!