「目頭切開+目尻切開」の体験談ブログ

目頭切開&目尻切開を実際に体験した方のブログをもとに、「目頭切開ってどうなの?」という生の声をお届けします。

実際のブログより内容をわかりやすくお伝えしますので、是非チェックしてみてくださいね!

共感!目頭切開&目尻切開を決意した理由

「目頭切開+目尻切開」の体験談ここでご紹介するのは、私と同じコンプレックスを持つ女性の体験ブログです。奥二重(浮腫んでいるときは一重になってしまう…)かつ、顔のバランスに比べて目が小さい!というのが悩みのタネ。

この方はマツエクやカラコンでがんばっていたようですが、お母様のご理解もあって、目頭切開と目尻切開を決意したようです。

カウンセリングから1年後までの経過

手術は駅チカのクリニックで

症例数の多い比較的駅に近いクリニックで、片目15万円程度のところを選び電話でカウンセリング予約したそうです。

切開する場所は「目頭切開」と「目尻切開」に

もともと奥二重なので、目頭切開で蒙古ひだを取り除けばきれいな二重になれると考え二重手術はしないことに。

いよいよ手術開始

局所麻酔の注射は痛かったとのこと。その後切って縫う施術。局所麻酔なので意識はあり、「途中で痛みがある場合は麻酔を追加しますよ」と医師から確認もあったそうです。

目頭よりも目尻の切開のときに痛みを感じたみたい。

無事手術終了!その日に帰宅

鏡で確認すると、目頭はちょっと引っ張られているような感覚だけで、びっくりするくらい腫れも赤みもなかったみたい。

医師によると、ちょっと浮腫んでいる状態なので、腫れがひくともっとはっきりと二重が上がるようです。

手術台の上で痛みどめの飲み薬を処方され、その場で飲み、10分ほど冷やして手術は完了。サングラスをかけて帰宅。

5日後(抜糸前)

目頭の小さな糸以外に、手術前と大きく変わったところはなく、赤み・腫れ・痛みはなかったそう。目尻だけかゆみが出たみたいです。

6日目(抜糸)

抜糸の痛みは全くなく、ただ触られている感覚だけ。抜糸すると目の上がだいぶ変わっていることがわかります。まぶたが上にあがり、目が大きく見えます。傷跡はちょっと赤くなっていたみたい。

7日目以降~1ヶ月後(定期健診)前

赤みを消すコンシーラーで傷跡を隠したところ、友人には気づかれなかったそうです。

1ヶ月後(定期健診)

赤みと傷跡の硬さが目立つ時期。正面からはわからないけれど、ななめから見ると、傷跡部分が固くなっているのがわかったそう。

ただし、神経質にならなければノーメークで出歩ける程度。

40日目

なぜか夜になると目頭に赤みが…。目尻の切れ込み跡はなだらかに、自然になったみたい♪

2ヶ月目

すっぴんでも目立たないくらい赤みが和らいできたそうです。1ヶ月目に気になっていた目頭の傷跡の固さも、触ってみてやわらかくなったと感じるほどに。

管理人の感想

このころになるとほとんど傷跡も目立たず、すっぴんでもきれいです。アイメイクが映える、魅力的な目元になっていました。

ちなみに、その後も彼女のブログをおいかけています。施術から半年後の写真と、施術前を比べた写真がこちら!

施術前

↓

施術後

画像引用元:あつぎ美容クリニック公式HP(上下とも)
(http://www.atsugi-biyou.com/case/case_taremekeisei.html)

確かに、目が大きく、大人っぽく魅力的だと思いました。本人も満足しているようですが、ここまで変わってもお友達が気づいていないとうのが意外ですね。

目頭切開の 名医がいる クリニックはココ!

※このサイトの情報は、個人が調べてまとめたサイトです。
必ず各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ
魅惑の目元を手に入れる♪目頭切開の名医を探せ!